【医療情報学会】医療現場でiPadなど携帯端末を活用する事例を紹介

第15回日本医療情報学会春季学術大会:シンポジウム

 iPadやスマートフォンなどが急速に普及する中、第15回日本医療情報学会春季学術大会で、新しい携帯端末の医療への活用をテーマにしたシンポジウムが行われた。iPadを用いた救急トリアージシステム、高齢者総合機能評価データベースシステム、災害時の参照型電子カルテシステムの3つのケースが紹介され、医療現場におけるタブレット型デバイスの可能性について討論された。

名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンターの高橋正樹氏

 iPadを用いた救急トリアージシステムの構築・運用例は、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンターの高橋正樹氏が報告した。同病院の救急部では、ウォークインで来院した患者に対して問診、バイタル情報、患者状態などを記載した紙ベースの救急トリアージシートを利用して救急度判定をしている。「当初は、電子カルテシステムと切り離して運用している救急トリアージシートをiPadで入力できるようにすることを検討した。だが、必要となる要件とデータ項目を固めていくうちに、救急部全体の業務範囲を支援できる部門システムという視点で開発することになった」(高橋氏)とシステム開発の背景を説明した。

 開発された救急トリアージシステムは、ヾ擬團螢好箸琉賤表示とトリアージ項目の入力を行うiPad、▲札鵐肇薀襯皀縫拭次↓E纏劵ルテ端末で構成される。iPadにはFileMaker Go for iPad、セントラルモニターと電子カルテ端末にはFileMakerが利用され、バックグラウンドで電子カルテシステムのサーバーと連携している。セントラルモニターでは、待ち患者数や担当者、時間管理などが行われ、患者の現在状態(ステータス)が管理されている。「単にトリアージにかかわる情報だけでなく、患者が待ち状態なのか、検査中なのか、誰が担当しているかなど救急部全体の運営を円滑にするための情報共有の仕組みとして設けた。現在は電子カルテ端末で閲覧しているが、今後は救急部に大型ディスプレイを導入して情報を共有していく」(高橋氏)という。

 また、電子カルテシステムとの連携においては、患者基本情報をマスターから自動的に取得しているが、トリアージ情報の登録では担当医師が情報をチェックし、評価を入力したうえで診療録として登録している。「iPadでのログインはユーザーIDによって認証しているが、診療録への登録時はその真正性が担保されない。そのため、電子カルテシステム側で認証された担当医師がデータをチェックしてから登録されるようにしている」(高橋氏)。

国立長寿医療研究センター臨床研究推進部医療情報室の渡辺浩氏

 高橋氏は最後にiPadを用いた救急トリアージシステムの効用として、「救急部門のような慌ただしく、落ち着いて情報を入力することが困難な現場であっても、(インタフェースを工夫することにより)モバイル端末で容易に入力を行い、その内容を即座に部門全体で情報共有することが可能になった。このようなシステムは、iPadのようなデバイスの存在があってはじめて可能になった」(高橋氏)と述べた。

 iPadを使った高齢者総合機能評価(CGA)データベースシステムについては、国立長寿医療研究センター臨床研究推進部医療情報室の渡辺浩氏が報告した。同センターでは、認知症における包括的医療サービスを提供する「もの忘れセンター」の開設し、そこで高齢者総合機能評価を積極的に活用している。FileMakerを利用したCGAデータベースシステムは、約200項目からなる質問で患者のスクリーニングを実施、その情報をデータベース化したもので、スクリーニングツールとしてiPadを活用している(詳細はこちらを参照)。

 渡辺氏は、iPadのようなタッチパネル型のインタフェースを利用することでスクリーニングにかかわる作業効率は向上するが、診療現場で使う際のハードルもあると指摘した。「そもそもiPadはコンシューマ向けデバイスで、現バージョンではマルチユーザーログインの環境に十分対応できない。また、機器の購入やアカウントの登録も法人対応していないなど、病院として導入・運用する際に壁がある」(渡辺氏)と述べた。

ページの先頭へ戻る

前のページへ

次のページへ

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239