電子化連携パスを中心とした研究成果で日本版EHRの方向性を示す

日本版EHR研究班が平成22年度事業成果報告会を開催

 厚生労働科学研究事業(地域医療基盤開発推進研究事業)の日本版EHR研究班(研究代表=田中博氏、東京医科歯科大学大学院生命情報科学教育部 教授)は、6月13日、平成22年度研究事業の公開成果報告会を開催した。研究課題は、「日本版EHRを目指した地域連携電子化クリティカルパスにおける共通形式と疾患別項目の標準化に向けた研究」。連携パス電子化共通規格分科会と疾患別連携パス分科会それぞれが、研究成果を報告した。

日本版EHR研究班研究代表の田中博氏

 開会の挨拶と統括報告を行った田中氏は、病院完結型の医療供給体制の中で発展してきた医療ITは、地域完結型医療体制の必要性が高まるにつれ、地域医療連携の情報インフラに変遷しつつあると指摘。「日本版EHR研究班は、地域の医療機関同士で医療情報を参照し合う地域連携プラットフォームというレベルから一歩進んで、生涯にわたる電子医療記録の基盤構築を見据えた情報共有の標準形式や、どのような項目を共有情報として蓄積していくべきかなどについて研究を進めている。2年間で(基本的な仕様を)明示するのは大変な作業だが、この1年の成果でほぼ方向性が見えてきたと感じている」(田中氏)と総括した。

 連携パス電子化共通規格分科会の研究成果は、浜松医科大学医学部附属病院医療情報部教授 木村通男氏が報告した。医療情報の標準規格では、2010年3月に厚生労働省が標準規格を定めた際に、電子紹介状規格としてHL7 CDA R2がそのリスト含まれた。また、CDAを臨床文書に特化させたCCD(Continuity of Care Document)が、国際的に使われ始めた。同分科会の研究目的は、そうした点を踏まえて糖尿病連携手帳の項目をCCDと対応させ、CCD形式での連携が実現可能であることを示すことにある。

 研究成果として木村氏は、「世界的に使われつつあるCCDに、日本糖尿病協会の糖尿病連携手帳の項目を対応付けることができた。患者基本情報や検査結果などは、定められたデータ形式で格納するため、その後のデータベースへの取り込みと検索にはコードの標準化が必須。しかし、糖尿病連携手帳の処方歴は自由文で記述されているので、検索するために標準化して取り込むことができず、今後の課題として残っている」と述べた。

浜松医科大学医学部附属病院医療情報部教授 木村通男氏

 疾患別連携パス分科会では、ゝ榾楡鬼郢瓠癖叱飽絏並膤愽賊^緡転霾麌 教授)が「脳卒中地域連携パスシステムにおけるIPsec VPN+IKEの運用」について、∧唇羂山氏(千葉県立東金病院 院長)が「地域連携電子化パスを基盤にした地域ぐるみの慢性疾病管理システムの本格運用」について、水野正明氏(名古屋大学医学部附属病院 准教授)が「地域医療情報連携システム『NewMeLC』と在宅医療ネットワーク『いきいき笑顔ネットワーク』の連携と統合」について、ど霪正樹氏(国際医療福祉大学大学院 教授)が「がん地域連携パスの電子プロジェクト」について、ジ粁鵡┿瓠聞畧鄲膤慇ジ容盞研究センター 特任教授)が『かがわ遠隔医療ネットワーク(K-MIX)』を基盤とした電子処方せんネットワークシステムとWEBお薬手帳について、それぞれ成果を報告した。

 平井氏の研究は疾病管理マップをツールとして利用し、地域の糖尿病患者集団の中から介入優先度の高い患者をトリアージして、集中的に管理する手法の実証実験。平井氏は、「地域連携EHRは、ITを活用した疾病管理手法による治療者側の全体最適を実現するもの。3年間にわたり実施してきて、介入優先度の高い慢性疾患冠者(糖尿病患者)を地域全体でトリアージするツールとしての有用性は高い、という結論が出た。今後、医療経済性も含めて結果を出せるかを、検証していきたい」とした。

 水野氏らの研究のコンセプトは、患者に直接リーチできる地域医療連携システムのあり方を探ること。東海地区では、地域医療情報連携システム「HiMeLC」を構築・運用している。「1億人規模にも対応できるIHE XDS情報共有方式による分散型システムだが、運用コストが大きく、地域の医療現場には普及しにくい。そこで、これをモデファイした『NewMeLC』というASP型の簡易版システムを新たに構築した。これとは別に、患者に最も近いところに位置するかかりつけ医中心のシステムである『いきいき笑顔ネットワーク』を構築しており、両者を統合することによって在宅医療・介護領域まで情報共有を展開しようと試みている」(水野氏)と研究の概要を述べた。

 このほか特別講演者として、OMGアンバサダ 長谷川英重氏がEHRの海外動向について解説した。本公開成果報告会は、当初3月21日に予定されていたが、東日本大震災のため延期となっていた。

(増田 克善=日経メディカルオンライン/デジタルヘルスOnline委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ピロリ除菌中の薬疹、早期対応で重症化を防げ リポート◎2〜5%で出現する薬疹をどうする? FBシェア数:13
  2. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:7
  3. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:409
  5. カロナール細粒が10月中旬にも品薄状態に 原薬供給停止の影響で FBシェア数:1194
  6. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. 妊娠高血圧症候群の定義と病型分類が改訂 学会トピック◎日本妊娠高血圧学会 FBシェア数:220
  8. ビデオに映った自分の接遇に衝撃を受けた職員 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  9. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:723
  10. 平安貴族のメタボリックシンドローム 病と歴史への招待 FBシェア数:54