富士通、電子カードホルダーによる患者案内ソリューションを参考出展――富士通フォーラム2010

 富士通は、「富士通フォーラム 2010」(5月13日〜14日開催)で、ICカード型診察券と電子カードホルダーを使った再来受付、診察待ち人数などを表示する患者案内ソリューションを参考出展した。2010年秋の販売を検討しているという。富士通フォーラムは、同社の製品・ソリューションを網羅した展示会と、それに関連した講演・セミナーで構成されているイベントである。

 患者は来院した際に、まず受付でICカードリーダーを搭載した電子カードホルダーを受け取る。続いて、持参したICカード型の診察券をホルダーに差し込むと、電子カルテシステムと連動して再来受付が完了する。電子カードホルダーの画面には、診察待ち人数、呼び出しが随時表示される。診察室で待っていなくても、病院内であればどこにいても情報を受け取ることができる。
 
 このソリューションの特徴は、電子カードホルダーに無線通信機能を実装し、病院内に設置された無線アクセスポイントを介して、常に待ち人数の情報や呼び出しを受けられること。無線通信には、富士通独自の無線技術(IEEE 804.15.4準拠)を使った大規模無線通信システムを採用しており、1つのアクセスポイントで、1分間に840台の電子カードホルダーと通信可能。また、電子カードホルダーの表示部分には、富士通研究所が開発したカラー電子ペーパー(注)が採用されており、週1回の充電で運用が可能という。

富士通研究所が開発したカラー電子ペーパーを採用したICカード型診察券

 同ソリューションは現在、グループの富士通病院(神奈川県川崎市)で実証実験を行っており、今秋に販売開始を検討している。ただし、現在はカラー電子ペーパーが高額であるため、普及には同製品の低価格化がカギとなる。

注:表示メモリ性のある液晶パネル(コレステリック液晶)を積層した構造を持ち、コレステリック液晶が特定波長の光(赤、緑、青)を各色の層ごとに反射する特性を利用してカラー表示する。一般的な液晶画面などで多く用いられている赤緑青のカラーフィルターを用いる方式と比べて、より明るいカラー表示が可能。非常に薄いフィルム基板で実現している。

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97