IMHS:ワイズマン、電子カルテシステムERの強化ポイントを訴求

福祉営業企画部 販売促進企画課の谷崎愛親子氏

福祉営業企画部 販売促進企画課の谷崎愛親子氏

 中小病院・クリニック向けの電子カルテシステムを開発・提供するワイズマンは、東京ビックサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2009」(2009年7月15日〜17日)で、今秋にリリース予定の「電子カルテシステムER」「病棟看護支援システムER」「リハビリ管理システム」の、それぞれのバージョンアップ版を先行して出展した。

 電子カルテシステムERは、「電子カルテシステムER」は、200〜400床規模の病院をメインターゲットに、クリニックでも利用可能な、カルテ入力とオーダリングの機能を持つ診療支援システムだ。「最大の特長は、導入対象病院の規模に合わせ、必要な機能だけに絞り込んだコンパクトで、かつ使いやすいシステムとして製品化したところ」(同社福祉営業企画部 販売促進企画課の谷崎愛親子氏)だ。

 デモンストレーションでは、今秋にバージョンアップする機能強化ポイントを前面に打ち出した。機能強化のポイントは、オーダ機能の強化。わけても、医療用医薬品の処方オーダの効率化を図った点を強く訴える。

 「薬剤処方オーダの際、既存ユーザから『診察時、用法・用量が速やかに、かつ容易に参照したい』という声が多く、その要望に応える機能を付加した」(同社東京メディカル支店 営業 主任の南雲祐作氏)という。

 もともと、電子カルテシステムERには、医薬品情報としてじほうの医薬品データベースを実装していたが、「データインデックス社の医薬品データベースを新たに採用し、用法・容量、適用病名、禁忌病名などを表示し、加えて、同一ウィンドウ内に薬剤名称を表示する機能を実装した」(同)という。


 あわせて投薬オーダ時に、病名検索機能の強化策として、病名タブに示した病名に対して有効な薬剤の名称を表示する機能を付け加えた。また、オーダ時のチェック機能にも手を加え、医師が出したオーダについて、用法や禁忌について薬剤病名チェックを行う機能も持たせている。

ワイズマンのブース

ワイズマンのブース

 また、レセプトのオンライン請求義務化に対応し、医師が電子カルテシステムER操作時に、簡便に病名を登録できる支援機能も付加している。

 カルテの電子化、レセプトのオンライン対応などが比較的遅れている中小病院、クリニックを対象としたシステムだけに、多くの来場者がデモンストレーションに興味・関心を示していた。(井関 清経)

【関連サイト】
ワイズマンの医療向け製品情報ページ

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  2. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:530
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:253
  4. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:252
  5. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:303
  6. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  7. 心房細動の電気的除細動後に脳梗塞発症 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:151
  8. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:39
  9. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:194
  10. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:154
医師と医学研究者におすすめの英文校正