IMHS:ワイズマン、電子カルテシステムERの強化ポイントを訴求

福祉営業企画部 販売促進企画課の谷崎愛親子氏

福祉営業企画部 販売促進企画課の谷崎愛親子氏

 中小病院・クリニック向けの電子カルテシステムを開発・提供するワイズマンは、東京ビックサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2009」(2009年7月15日〜17日)で、今秋にリリース予定の「電子カルテシステムER」「病棟看護支援システムER」「リハビリ管理システム」の、それぞれのバージョンアップ版を先行して出展した。

 電子カルテシステムERは、「電子カルテシステムER」は、200〜400床規模の病院をメインターゲットに、クリニックでも利用可能な、カルテ入力とオーダリングの機能を持つ診療支援システムだ。「最大の特長は、導入対象病院の規模に合わせ、必要な機能だけに絞り込んだコンパクトで、かつ使いやすいシステムとして製品化したところ」(同社福祉営業企画部 販売促進企画課の谷崎愛親子氏)だ。

 デモンストレーションでは、今秋にバージョンアップする機能強化ポイントを前面に打ち出した。機能強化のポイントは、オーダ機能の強化。わけても、医療用医薬品の処方オーダの効率化を図った点を強く訴える。

 「薬剤処方オーダの際、既存ユーザから『診察時、用法・用量が速やかに、かつ容易に参照したい』という声が多く、その要望に応える機能を付加した」(同社東京メディカル支店 営業 主任の南雲祐作氏)という。

 もともと、電子カルテシステムERには、医薬品情報としてじほうの医薬品データベースを実装していたが、「データインデックス社の医薬品データベースを新たに採用し、用法・容量、適用病名、禁忌病名などを表示し、加えて、同一ウィンドウ内に薬剤名称を表示する機能を実装した」(同)という。


 あわせて投薬オーダ時に、病名検索機能の強化策として、病名タブに示した病名に対して有効な薬剤の名称を表示する機能を付け加えた。また、オーダ時のチェック機能にも手を加え、医師が出したオーダについて、用法や禁忌について薬剤病名チェックを行う機能も持たせている。

ワイズマンのブース

ワイズマンのブース

 また、レセプトのオンライン請求義務化に対応し、医師が電子カルテシステムER操作時に、簡便に病名を登録できる支援機能も付加している。

 カルテの電子化、レセプトのオンライン対応などが比較的遅れている中小病院、クリニックを対象としたシステムだけに、多くの来場者がデモンストレーションに興味・関心を示していた。(井関 清経)

【関連サイト】
ワイズマンの医療向け製品情報ページ

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33