RSNA2007で発表の320列MDCTが世界累計50台を突破

東芝メディカルシステムズがRSNA2007で発表したMDCT最上位機種Aquillion One300

 東芝メディカルシステムズが2007年11月に米国シカゴで開催された第93回北米放射線学会で発表し、大きな注目を集めた320列マルチスライスCT「Aquillion One」の販売が順調のようだ。標準的な納入価格が4億5000万円というハイエンド装置ながら、今年11月末現在で国内では14台が稼働中、全世界では、設置台数ベースで52台、メーカー出荷済み台数は71台に達した。

 Aquillion Oneは0.5mmピッチの320列検出器を備えたマルチスライスCT(MDCT)で、体軸方向の16cm幅を1回転のスキャンで撮影できる。1回のスキャンに要する時間は0.35秒と高速で、心臓全体を同じ1拍動以内でとらえることが可能だ。

 心臓、脳、膵臓などの臓器全体を架台の移動なしに撮影できるので、患者の身体のぶれに影響されにくく、鮮明な画像を得ることができる。肺は部分撮影となるが、息止めが不要になるだけでなく、呼吸による肺内部の動態を観察可能となる。差分CTアンギオと呼ばれる手法により、頭部領域の血流の動態観察も実現した。また、撮影時間の短縮に伴い、ヘリカルスキャンによる撮影に比べ、被曝量も大幅に減らすことができる。

 興味深いのは、患者にゆっくり関節を動かしてもらうことで、膝などの大関節を3次元で動態観察できることだ。整形外科領域でも新たな臨床応用を開く可能性が注目される。

 国内で本機が稼働しているのは、藤田保健衛生大学、神戸大学、天理よろづ相談所病院、四日市社会保険病院、静岡県立静岡がんセンターなどの計14施設。藤田保健衛生大学、国立がんセンター、米ジョンス・ホプキンス大学は、試作機の提供を受け、開発に携わった。

 医用画像機器は世界的な不況や医療費削減の影響を受け、厳しい価格競争にさらされるのが通例だが、「幸い、高い注目を集めており、国内外のトップクラスの研究・医療機関が先を争って導入している状況」(東芝メディカルシステムズ)という。
(中沢 真也=日経メディカル別冊)


【12/2更新】
11月末現在の最新の台数情報を反映しました。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27