ホスピタルショウ「三洋電機」、電子カルテ機能と検査管理機能を連携させたWS発表

「FCR CAPSULA VIEW」を発表する同社メディコム事業部事業部長の小宮宏之氏

「FCR CAPSULA VIEW」を発表する同社メディコム事業部事業部長の小宮宏之氏

 三洋電機は会期初日の7月16日、診療所における診察業務のIT化・効率化を推進する、電子カルテとの連携を強化した多機能ワークステーション「FCR CAPSULA VIEW」を富士フイルムと共同で開発したと発表した。あわせて、会場では同社主力製品の電子カルテシステム、医科システムなどとともに展示・デモした。

●診察業務の効率化と省スペース化を実現

 「FCR CAPSULA VIEW」は、富士フイルムが提供する医療用デジタルX線画像診断システム「FCR」及び内視鏡・超音波などの検査結果を統合管理する「FCR CAPSULA VIEW」と、同社の医事一体型電子カルテ「Medicom-HR」の連携機能を強化したもの。

 特徴は、撮影指示・画像確認・画像処理・バックアップなどを集中的に処理する検査管理機能と、受付・診察・会計までを一括して処理する医事・電子カルテ機能を1台の端末操作で提供すること。加えて、新機能として、電子カルテからの「FCR」への検査オーダー依頼や、「FCR」から出力された検査画像の電子カルテ上への自動表示が可能となった。展示ブース内では外観が地味なこともあり(下の写真)、あまり目立たなかったが、多くの来場者の関心を引いていた。なお同製品は、9月から富士フイルムの国内販売子会社、富士フイルムメディカルが販売する予定という。

会場で展示されていた「FCR CAPSULA VIEW」のきょう体

会場で展示されていた「FCR CAPSULA VIEW」のきょう体

 このほか、診療所に特化した医事一体型の電子カルテシステム「Medicom-HR」、昨年末に発売された電子カルテシステム「Medicom-DP/X・II」、2011年度までに政府から義務づけられたレセプトオンライン請求に対応する診療所向け医事コンピュータ「Medicom-MC/X・II」など、診療所向けに特化した製品ラインナップに注目が集まっていた。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:98
  2. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:35
  3. 毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力 リポート【動画付き】◎高精細な映像は手術をどう変える? FBシェア数:58
  4. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》 FBシェア数:17
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:39
  6. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:25
  7. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  8. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:41
  9. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:70
  10. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正