ホスピタルショウ「NTTグループ」、NGN利用した地域医療連携に注目

 NTTグループの合同出展は、NTT東日本のNTT電子カルテシステムや診療所向け電子カルテシステム「Future Clinic21」をはじめとするグループ各社のヘルスケアソリューションの数々をデモ展示した。特に注目されたのは、NTT東日本とNTTデータによる地域医療連携ソリューションだ。

●テレビ会議システムと組み合わせた地域医療連携デモを展開

NGNを活用した地域医療連携ソリューションのプレゼン

NGNを活用した地域医療連携ソリューションのプレゼン

 「人と地域と医療をつなぐパートナー」を標榜したNTTグループは、3月に商用サービスを開始したNGN(次世代ネットワーク)を活用した地域医療連携ソリューションのプレゼンテーションに力を入れた。NGNは通信ネットワークの品質保証(QoS=Quality of Service)やセキュリティ強化などにより、大容量の医療情報や医用画像も安心して送信できることから、地域医療連携プラットフォームを支える通信インフラ・サービスとしても注目されている。

 同グループの展示ブースで来場者の関心を集めたのは、専門機能病院を「中央NTT病院」、連携医療機関を「田中クリニック」と見立て、両医療機関で医用画像の共有をベースにした地域医療連携モデルの仮想デモンストレーションだろう。クリニックの医師が、レントゲン画像で疑問を持った患者の画像を地域医療連携システムにアップロードし、専門機能病院の医師に読影依頼をするものだ。

地域医療連携システム「れんけい@ねっと」のデモ展示

地域医療連携システム「れんけい@ねっと」のデモ展示

 クリニックの医師は画像を選択し、画面のボタン1つで地域医療連携システムにエクスポートし、読影依頼する病院をメニューから選んで指定。デモンストレーションでは、その後に電話を使って専門機能病院の医師に言葉で読影依頼を行い、依頼された医師は読影レポートをシステムにアップ。さらに読影した医師の要請によってテレビ会議システムを起動して遠隔カンファレンスも行える点がポイントだ。両者は画像を共有しながら、マーカーで表示された画像に注意点を指摘するなど、遠隔診断とカンファレンスが容易に実現できることをアピールした。

 またNTTデータのコーナーでは地域医療連携システム「れんけい@ねっと」をデモ展示した。同システムは、千葉県山武医療圏で展開されている「わかしお医療ネットワーク」のプラットフォームとして稼動する実績を持ち、電子カルテの導入を前提としないこと、連携サーバを介して異なるベンダーの連携を図ること、情報へのアクセスコントールのきめ細かさ、医療業界で耐えうる認証・電子証明機能などを持つことが特徴。展示コーナーでは、「わかしお医療ネットワーク」が展開をはじめた糖尿病地域連携パスを同システムに実装できる点も紹介した。(増田 克善=委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:315
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1041
  3. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:134
  4. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:414
  5. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:274
  6. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:249
  7. なんで医師が投資をしちゃいけないの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:63
  8. 病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:53
  9. 経口鉄剤:7割以上がフェロミアを支持 NMO処方サーベイ FBシェア数:1
  10. 高齢患者を救うDr.SUPERMAN リポート◎隠れた機能障害や生活上の問題点を拾い出す FBシェア数:44