ホスピタルショウ「ワイズマン」、電子カルテ「ER」を軸とした関連製品間のデータ連携を実演

「電子カルテシステムER」を前面に出したブース

「電子カルテシステムER」を前面に出したブース

 ワイズマンでは、200〜400床前後の中規模病院向けの主力パッケージ製品「電子カルテシステムER」を基軸として、「病棟看護支援システムER」や「リハビリ管理システム」などをデータ連携させた、トータルな医療支援の仕組みを展示した。

 診療録を電子化する「電子カルテシステムER」は、診療において必要な情報をいつでも検索でき、入力補助機能により簡単にカルテ入力が行える。画面は3つの構成からなり、過去の診療情報や部門諸記録などをツリー形式ですぐに参照できる「ERガイドエリア」、付箋マーキング機能などを備えた「カルテエリア」、投薬・検査・注射などのオーダー情報を色分け表示する「オーダーエリア」である。

 「PCを使う医師のニーズに応え、エリア横断的に画面上のデータをドラッグ&ドロップで移動できるなど、Ajax技術を活用した直感的な操作を可能にした。PC操作に注意を奪われることなく、患者と向き合うことに集中できる」(同社中部メディカル支店 営業主任 森川朋也氏)インターフェースだ。

「電子カルテシステムER」の直感的な画面のデモ

「電子カルテシステムER」の直感的な画面のデモ

 この「電子カルテシステムER」のオプション製品にあたるのが「病棟看護支援システムER」である。

 「看護師にとっては、バイタル測定や食事などの看護指示と、医療オーダーが従来、別系統で行われていたため、煩雑だった。これを一本化させたいというニーズに応えるのが本製品であり、看護師の一日の仕事を一覧表示できる」(前出・森川氏)。

 さらに、「リハビリ管理システム」は、理学療法や作業療法などを一元的に管理。リハビリを担当するスタッフのスケジュールを、療法ごとの縦割りではなく横串にして時系列表示できるため、一人の患者へのダブルブッキングなどのミスを減らせるほか、どのスタッフが対応可能か、を一目で確認しやすい。「リハビリ管理システム」は「電子カルテシステムER」と連動させることにより、院内各部門との情報共有も可能だ。

 ほかにも展示ブースでは、パートナー企業である株式会社テクノアの総合検診システム「iD-Heart」も展示。受付から、診療、会計、レセプトまでの業務効率化だけでなく、患者の容態や回復レベルに合わせた診療計画を、院内各部門間の連携によって実現できる強みをアピールした。(柏崎 吉一=委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256