ホスピタルショウ「ワコム」、液晶タブレットの用途を拡げるソリューションを展開

 2007年9月にリニューアルした企業ロゴとシンボルマークを大々的に掲げたワコムの展示ブースには、7月8日に発表した19型TFTディスプレイ搭載の液晶タブレット「DTU-1931」や、21.3型TFTディスプレイ搭載の液晶タブレット「DTZ-2100」がメインに並んだ。

7月に発表された「DTU-1931」。見えにくいが、左側には黄色い文字で「ご自由に、お書き下さい!」

 「DTU-1931」は、外来診療を中心に主流となってきた19インチのニーズに応える新製品。一方、従来製品である「DTZ-2100」は医用画像の閲覧など、より大画面で読み取るのに適している。商品ラインナップを増やし、ユーザーの選択肢を拡げた。

 ブースでは、他ベンダーの製品と組み合わせた、用途提案型のソリューションも展示され、ペンの使い勝手を実際に体験できた。

 NECの電子カルテシステム「MegaOak」シリーズのほか、OEC(岡山情報処理センター)と日本大学歯学部が共同開発した、歯科病院向けに特化した多機能歯科電子カルテシステム「TDM」シリーズと擬似的な連携するワコムのディスプレイ製品が人気を集めていた。

診断画像変換装置「FVT200」と「DTZ-2100」(未接続)

診断画像変換装置「FVT200」と「DTZ-2100」(未接続)

 また、7月15日に発表された、リアルビジョン社が提供する診断画像変換装置「FVT200」を活用したソリューションが公開された。「FVT200」のDVIインターフェースを介して、パソコンと「DTZ-2100」を接続するだけで、「DTZ-2100」を高解像度の医用モニタに代用できる。

 ガンマ2.2(汎用PCモニタ)をDICOMガンマカーブに変換することで、「汎用PCモニタの8bit階調を、10bit相当の階調に変換できるようになった。放射線科医などが利用する高価な専用モニタほどのコストをかけずに、高解像度の診断画像を参照できる」(同社ソリューション営業部 ソリューション推進Gr.マネージャーの中路慎哉氏)。

 同社では、液晶ペンタブレットの利用シーンの拡大に向け、今後もソリューションの強化を図る考えだ。(柏崎 吉一=委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051