ホスピタルショウ「ワコム」、液晶タブレットの用途を拡げるソリューションを展開

 2007年9月にリニューアルした企業ロゴとシンボルマークを大々的に掲げたワコムの展示ブースには、7月8日に発表した19型TFTディスプレイ搭載の液晶タブレット「DTU-1931」や、21.3型TFTディスプレイ搭載の液晶タブレット「DTZ-2100」がメインに並んだ。

7月に発表された「DTU-1931」。見えにくいが、左側には黄色い文字で「ご自由に、お書き下さい!」

 「DTU-1931」は、外来診療を中心に主流となってきた19インチのニーズに応える新製品。一方、従来製品である「DTZ-2100」は医用画像の閲覧など、より大画面で読み取るのに適している。商品ラインナップを増やし、ユーザーの選択肢を拡げた。

 ブースでは、他ベンダーの製品と組み合わせた、用途提案型のソリューションも展示され、ペンの使い勝手を実際に体験できた。

 NECの電子カルテシステム「MegaOak」シリーズのほか、OEC(岡山情報処理センター)と日本大学歯学部が共同開発した、歯科病院向けに特化した多機能歯科電子カルテシステム「TDM」シリーズと擬似的な連携するワコムのディスプレイ製品が人気を集めていた。

診断画像変換装置「FVT200」と「DTZ-2100」(未接続)

診断画像変換装置「FVT200」と「DTZ-2100」(未接続)

 また、7月15日に発表された、リアルビジョン社が提供する診断画像変換装置「FVT200」を活用したソリューションが公開された。「FVT200」のDVIインターフェースを介して、パソコンと「DTZ-2100」を接続するだけで、「DTZ-2100」を高解像度の医用モニタに代用できる。

 ガンマ2.2(汎用PCモニタ)をDICOMガンマカーブに変換することで、「汎用PCモニタの8bit階調を、10bit相当の階調に変換できるようになった。放射線科医などが利用する高価な専用モニタほどのコストをかけずに、高解像度の診断画像を参照できる」(同社ソリューション営業部 ソリューション推進Gr.マネージャーの中路慎哉氏)。

 同社では、液晶ペンタブレットの利用シーンの拡大に向け、今後もソリューションの強化を図る考えだ。(柏崎 吉一=委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:50
  2. ジェット機で患者搬送!メディカルウイング始動 トレンド◎揺れない機内で安全に、速く、遠くまで FBシェア数:96
  3. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:68
  4. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:208
  5. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:310
  7. トライアスロン中の死亡と心停止例を分析 Ann Intern Med誌から FBシェア数:102
  8. 敗血症の新基準「qSOFA」を知っていますか 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  9. 敗血症の早期拾い上げにqSOFAを使いこなせ! 特集◎あなたが救う敗血症《プロローグ》 FBシェア数:244
  10. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:266