日レセ導入医療機関が11月に4000超、だが伸びはやや鈍る

 日本医師会がORCAプロジェクトの要として導入を推進している「日医標準レセプトソフト」(日レセ)を導入した医療機関が、この11月で4000を突破した。日本医師会が11月16日現在の導入状況として発表したところによると、日レセのみで現在運用中(稼働レベル1)の医療機関が4090施設と、運用開始以来、初めて4000を超えた。

 このほか、導入作業中(稼働レベル2)が761施設、導入検討中(稼働レベル3)が328施設あり、レベル1とレベル2を合わせた「導入医療機関数」は4851施設となり、年内にもこの数字が5000施設に達する勢いだ。

 日レセは2007年1月時点でレベル1施設が3000施設を突破しており、1年足らずで1000施設強増えたことになる。ただし、2000施設を超えたのは2006年4月で、2006年に比べると、やや伸びが鈍った形だ。

 日医では、2011年には導入施設数1万突破を目指している。現在の伸びが続けば、十分、射程距離に入る目標で、内部的には1年前倒しを目指している。しかし、今後はより関心の低い施設や、日レセの市場シェアが低い地域への浸透を図る必要があり、日医会員にとっての魅力やシステムの性能・安定性を高めていく努力が要求される。(中沢 真也)

【参考記事】
日医のレセソフト「日レセ」が好調(2007.03.05)






ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48