インタビュー:中元秀友氏(埼玉医科大総合診療内科教授)

患者から家庭血圧値を直接送信--テレメディスン・システム開発者に聞く

 今年10月に沖縄で開催された日本高血圧学会で、2種類の降圧薬の効果を直接比較した臨床試験「FUJIYAMA STUDY」の最終結果が報告された(日経メディカル オンラインで既報)。この臨床試験の特徴のひとつは、データ収集の手段として医療ITを用いたこと。テレメディスン(遠隔医療監視)を導入し、患者から家庭血圧値を直接送信する方式を採用した。これにより、治験参加医の負担軽減と計測値の迅速な収集が実現したという。システム開発の指揮を執り、治験責任者を務めた埼玉医科大総合診療内科教授の中元秀友氏に、テレメディスン・システム開発の経緯と今後の展望について聞いた。(聞き手は、中沢 真也=日経メディカル別冊)




―― FUJIYAMA STUDYに使ったシステムの概要を教えてください。


PHSのデータカードを装着した「d-converter」と血圧計を接続した状態

PHSのデータカードを装着した「d-converter」(右)と血圧計を接続した状態

 「d-converter」と呼ぶ小型のコンピューターボックスにPHSのデータカードを装着しており、ボタンを押すだけでデータを送出できます。PHSの電波が届かないところでも電話回線に接続して送れるようにしてあります。

 このd-converterには、血圧計、血糖計、万歩計などを接続することができます。体重、体脂肪率、血糖値などに異常値が出ると指定したところにメールが送られるようになっています。

 非常に簡略化してあり、データもすべて患者さん側で入力されますので、臨床試験に参加した先生方に入力してもらったのは外来血圧と服薬状況だけ。簡単にしたため、参加者も集めやすかったと感じています。こういうシステムを使うと患者さん自身も楽だと思います。

―― テレメディスン・システム開発の経緯を教えてください。

 1999年に家庭腹膜透析(CAPD)の管理に導入したのが最初です。90歳の女性の家族から、『家でCAPDをしたい。装置を装着して透析を始めるまでは(家族で)できるが、透析中の管理は無理なので何とかしてもらえないか』、という相談がありました。

 患者さんのCAPD装置と体重計、血圧計からのデータを転送し、医師側でそれをモニターしながら透析を進める。臨床医にとっても夢ですよね。このような手法が10年くらい先には一般的な医療になるはず。それを先にやってみようということで、独自のシステムを作りました。

 血圧、心拍数、除水量、体重を監視して緊急時に対応でき、患者さんとビデオカンファレンスもできるシステムです。実際に5人くらいの患者さんに対応して構築し、4年間継続した症例もありましたが、費用が高かったのと、ISDN(64k〜128kビット/秒)があまりに遅く、ビデオカンファレンスは現実的ではありませんでした。

 患者1人当たり400万円くらいかかるため、どこも買ってくれず、コストがかかる割には収益性が悪いために企業の協力も得られず、結局、実用化はまだ早いだろうということになりました。

 そこで次に考えたのが、携帯電話を利用した「バージョン 2」です。携帯電話なら高齢女性でも使える。無理に自動化しなくても、除水量などは患者自身に入力してもらえばいいではないかという発想です。NTTドコモと連携をとり、iモードのソフトをダウンロードして、ログイン番号とパスワードを入力すると、血圧手帳やCAPD手帳が出来上がるという仕組みです。

―― 自動化の行き過ぎと高コストを反省してシンプルにしたということですね。

埼玉医科大総合診療内科教授の中元秀友氏

埼玉医科大総合診療内科教授の中元秀友氏

 携帯の画面に「データ入力」「データ保存」「ドクターへ連絡」という項目が表示され、症状やデータを入力できます。中央サーバーに「自己カルテ」を作って患者さんが入力すると医師の側で閲覧できます。患者さんも、必要なら携帯電話でいつでも自分のデータを確認できるほか、経時的な変化や平均値も確認できます。急に値が高くなった場合などには、指定した宛先に警告メールを送信する機能もあります。

 CAPDは国内の患者数が1万人程度と少ないことから、このようなシステムの応用には、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の方が適しているのではないかという考え方から、「生活習慣病i手帳」実現を目指しました。

―― 反応はいかがでしたか?

 カルシウム拮抗薬のニフェジピンの臨床試験に応用して学会発表したのですが、「患者にデータを手入力してもらうなら、ノートに書いて病院に持っていくのと同じではないか」などと指摘されました。「このようなシステムを使うメリットは(装置から)生データがとれることなのでは」とも指摘されました。

 そこで、計測データを装置から直接取り込む機能を備えた「バージョン 3」を作製しました。「iコンバーター」と呼ぶ小型コンピューターボックスに自動血圧計と携帯電話につなぐと、28項目までの血圧データを取り込み、患者ID、パスワード、カルテ番号などの情報を追加して自動的に送出できる仕組みでした。

●PHSデータカードを採用した現行の「バージョン 4」が完成

 ところが、ご存知のように携帯電話はあまりに早くモデルチェンジされ、半年単位で変わってしまいます。普及も十分でないため、携帯電話企業の協力も十分得られませんでした。

 そこで、PHSデータカードを採用した「バージョン 4」に移行しました。実際、画面で自分のカルテ内容を確認する患者さんは10%程度と少なく、携帯電話を使うメリットがないと分かりました。データを送るだけなら携帯電話の変化についていく必要はありません。

―― 患者データ収集を自動化したことで、実際のところ、どこまで省力化できたのでしょうか。

 我々(治験センター)は、データ収集には一切かかわらず最終的に評価するだけということでシステムを作りましたが、実際には、カリウムが異常に高いといった問題があって、原データを取り寄せ、入力ミスを確認することになりました。

●サーバーコスト含め、参加者1人当たり5万円も可能

―― とはいえ、試験終了から2カ月という短期間で学会報告を実現されていますね。コストについてはどうでしょうか。

 現実にかかる費用は、患者宅に置くデータ処理装置が1万円強、血圧計が9000円、管理費用が月数千円、通信費が月600円です。当初、我々は1年程度で5000万円の予算で資金を集めました。

 実際にはそれよりかなり安く済んでおり、参加者1人当たりのコストは統計解析を含め、10万円で換算しました。医師が管理や統計解析まですべて分担するなら、サーバー代まで含めて5万円でできます。

―― 今後の計画と展望についてお聞かせください。

 同じ方式による新たな臨床試験として、「FUJIYAMA 2」を実施します。10施設100人程度に絞り、カルシウム拮抗薬とアンジオテンシンII受容体拮抗薬+利尿剤でどちらがいいか、という試験の準備を進めている段階です。

 テレメディスンを採用した利点としては、「安い」「簡単」「融通が利く」ということです。データを送るだけの必要最低限の機能に特化したのがよかったと思っています。未来はこういう形になっていく、と考えています。個々の患者さんと現場の医師に、最先端の機械は必要ないかもしれませんね。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7