電子お薬手帳活用の実証研究、上田薬剤師会、北海道薬科大などが開始

東日本メディコム、メディエイド、KDDIが支援

スマートフォンでの閲覧画面

 上田薬剤師会(長野県上田市)と北海道薬科大は26日、都内で記者会見を開き、電子お薬手帳の実証研究開始を決定したと発表した。研究の実施主体は社団法人上田薬剤師会で、北海道薬科大学と千葉大学が研究活動を実施、東日本メディコム、メディエイド、KDDIの3企業がそれを支援する。

 現在薬局は、薬の効能や服用時の注意事項などの情報を、紙に印刷して顧客に渡している。今回の電子お薬手帳は、この紙にQRコード(二次元バーコード)を掲載し、顧客がそれをスマートフォンで読み取ることで、より詳しい情報を得られる仕組み。法律面での規制があるため、書面での情報提供も継続する。セキュリティは、利用者のIDとパスワードで確保する。

実証研究の概念図

 電子お薬手帳システムは、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)が定める標準フォーマットに従って作成。スマートフォンで利用するアプリと、クラウドを利用したWebシステムによって構成される。対応OSはAndroidとiOS。薬局、顧客共にシステムとアプリの利用料金は無料。スタート時期は「遅くとも5月には標準フォーマットが発表されるので、夏前にはスタートできる見込み」(北海道薬科大学 准教授の岡崎光洋氏)という。

 上田薬剤師会会長の飯島康典氏によると「薬剤師会には84薬局が加盟しているが、半数以上が興味を示しており、同数程度の参加を見込んでいる」。岡崎氏は「機能評価や有用性・利用状況・満足度などの調査はもちろん、秋以降来年にかけて患者のバイタルデータを載せるなど、さまざまな試みを実施したい」と語った。

(本間 康裕=デジタルヘルスOnline/医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:98
  2. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:35
  3. 毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力 リポート【動画付き】◎高精細な映像は手術をどう変える? FBシェア数:58
  4. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》 FBシェア数:17
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:39
  6. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:25
  7. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  8. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:41
  9. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:70
  10. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正