電子お薬手帳活用の実証研究、上田薬剤師会、北海道薬科大などが開始

東日本メディコム、メディエイド、KDDIが支援

スマートフォンでの閲覧画面

 上田薬剤師会(長野県上田市)と北海道薬科大は26日、都内で記者会見を開き、電子お薬手帳の実証研究開始を決定したと発表した。研究の実施主体は社団法人上田薬剤師会で、北海道薬科大学と千葉大学が研究活動を実施、東日本メディコム、メディエイド、KDDIの3企業がそれを支援する。

 現在薬局は、薬の効能や服用時の注意事項などの情報を、紙に印刷して顧客に渡している。今回の電子お薬手帳は、この紙にQRコード(二次元バーコード)を掲載し、顧客がそれをスマートフォンで読み取ることで、より詳しい情報を得られる仕組み。法律面での規制があるため、書面での情報提供も継続する。セキュリティは、利用者のIDとパスワードで確保する。

実証研究の概念図

 電子お薬手帳システムは、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)が定める標準フォーマットに従って作成。スマートフォンで利用するアプリと、クラウドを利用したWebシステムによって構成される。対応OSはAndroidとiOS。薬局、顧客共にシステムとアプリの利用料金は無料。スタート時期は「遅くとも5月には標準フォーマットが発表されるので、夏前にはスタートできる見込み」(北海道薬科大学 准教授の岡崎光洋氏)という。

 上田薬剤師会会長の飯島康典氏によると「薬剤師会には84薬局が加盟しているが、半数以上が興味を示しており、同数程度の参加を見込んでいる」。岡崎氏は「機能評価や有用性・利用状況・満足度などの調査はもちろん、秋以降来年にかけて患者のバイタルデータを載せるなど、さまざまな試みを実施したい」と語った。

(本間 康裕=デジタルヘルスOnline/医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正