全国2次医療圏の統計情報と地図表示ツールをバージョンアップ、看護師数など追加

 医療情報企業のウェルネス(東京都文京区)は1月10日、2次医療圏データベースのリニューアル版を公開した。同社は昨年、全国の2次医療圏の統計情報を地図上に表示するツールなどを自社ホームページからダウンロードできるサービスを開始したが、これを機能強化した(関連記事はこちら)。
 
 このソフトは、国際医療福祉大学大学院教授の高橋泰氏(インタビュー記事はこちら)とウェルネスが共同開発したもので、原則として無料で利用できる。今回新たに、医療圏別の看護師数情報、セラピスト数情報、回復期リハ病床数、高齢者住宅数情報などの情報を追加。一部データは最新のものに変更した。加えて、地域ごとのサマリーを作成するソフト「作万理(さまり)さん」では、各医療圏の医療と介護の将来の需要予測が可能になった。
 
 開発者の高橋氏は「今回のデータを解析した結果、看護師やセラピストは想像以上の“西高東低状態”であり、大きな格差があることが明らかになった」としている。ダウンロードはこちらから


(本間 康裕=デジタルヘルスOnline/医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:435
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:94
  4. 「医師に労基法は適用されない」と言われました 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  5. 今夜の夜勤は宿直手当でOK? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  6. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:107
  7. 三杯酢で超早期胃癌の発見ができる! 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:2
  8. 給与は年功で順当にアップ、その先は… Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  9. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ3》 FBシェア数:65