遠隔画像診断治療補助システム「i-Stroke」がAndroidに対応、生体モニターなど新機能も追加

 富士フイルムは、スマートフォンを利用して主に脳卒中の救急医療をサポートする遠隔画像診断治療補助システム「i-Stroke(アイストローク)」をバージョンアップすると発表した。製品名は「i-Stroke Ver.2.0」で、富士フイルムメディカルを通じて2012年1月16日に発売する。

 i-Strokeは、同社が東京慈恵会医科大学と共同開発したシステム。救急患者を受け入れた病院から、専門医の持つスマートフォンに患者の検査画像や診療情報を送信し、治療に必要な処置情報をやりとりすることで、病院内での診断や治療をサポートする。

 今回発売するi-Stroke Ver.2.0は、対応する端末が拡大した。これまでiPhone4/4S(iOS)だけだったが、新たにAndroidOSに対応。NTTドコモの「GALAXY」と「Xperia」を閲覧用の端末として利用できるようになった。
 
 機能面では、撮影した患者の動画や静止画を院外の専門医がスマートフォンで閲覧できる機能、心電図や血圧などの生体モニターをストリーミング送信する機能、患者の過去の診療情報を参照する機能、新たな患者・診療情報がタイムライン上に追加された時にメールを送信する機能を追加した。また、治療後の患者の状態を客観的に判断するために必要なmRS/BI/問診表、医薬品情報(使用上の注意、禁忌事項など)や、日本脳卒中学会が提供する脳卒中治療ガイドライン、簡易知能評価スケールをスマートフォンに表示できるようになる。

(本間 康裕=デジタルヘルスOnline/医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1054
  2. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:292
  3. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:432
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:16
  5. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:0
  6. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:62
  7. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:22
  8. 天井に届いた喀血 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:1
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:49
  10. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:56