ワイズマン、介護向けシステムとの連携機能を電子カルテシステムに新たに実装

 ワイズマンは、「電子カルテシステムER」に、介護施設・サービス事業者向けシステム「ワイズマンシステムSP」との連携を支援する機能「MC.net」を新たに実装し、2012 年4月から販売する。実装する主な連携機能は、ヾ擬坿靄楜’修龍ν、⊃芭邸Ε吋記録の共有、紹介状やサマリー情報の共有、こ道楡澆稜箴紂ν用状況等の一元化の4つ。

 「MC.net」は、医療施設と介護施設・サービス事業者で保有している患者の基本情報を共有。他施設の基本情報を参照できるのに加えて、医療施設で作成した紹介状や要約情報を介護施設でも共有可能に。より詳細な医療施設のカルテや看護経過記録、リハビリ記録と介護施設のケア記録が時系列で確認でき、他施設での患者の状態を詳しく把握できる。さらに、各施設の医療部門と介護部門の売り上げや利用状況などの情報を集約し、法人またはグループ全体の経営データとしての利用を可能にする。Webブラウザだけで利用できるので、iPadなどの携帯情報端末でも情報を参照できる。

 2012年度の診療報酬・介護報酬の同時改定では、医療・介護施設の機能分化と連携の推進が示され、医療と介護施設間の連携強化を通じて、より効果的・効率的な医療・介護サービス提供体制の構築が重要になっている。スムーズな連携を支援するために電子カルテシステムと介護・サービス事業者向けシステムの情報連携も必須であり、ワイズマンの「MC.net」もそれを見据えたものと思われる。

(増田 克善=日経メディカルオンライン/デジタルヘルスOnline委嘱ライター)
 

電子カルテシステムERに実装されるMC.netの連携機能

 

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0