ワイズマン、介護向けシステムとの連携機能を電子カルテシステムに新たに実装

 ワイズマンは、「電子カルテシステムER」に、介護施設・サービス事業者向けシステム「ワイズマンシステムSP」との連携を支援する機能「MC.net」を新たに実装し、2012 年4月から販売する。実装する主な連携機能は、ヾ擬坿靄楜’修龍ν、⊃芭邸Ε吋記録の共有、紹介状やサマリー情報の共有、こ道楡澆稜箴紂ν用状況等の一元化の4つ。

 「MC.net」は、医療施設と介護施設・サービス事業者で保有している患者の基本情報を共有。他施設の基本情報を参照できるのに加えて、医療施設で作成した紹介状や要約情報を介護施設でも共有可能に。より詳細な医療施設のカルテや看護経過記録、リハビリ記録と介護施設のケア記録が時系列で確認でき、他施設での患者の状態を詳しく把握できる。さらに、各施設の医療部門と介護部門の売り上げや利用状況などの情報を集約し、法人またはグループ全体の経営データとしての利用を可能にする。Webブラウザだけで利用できるので、iPadなどの携帯情報端末でも情報を参照できる。

 2012年度の診療報酬・介護報酬の同時改定では、医療・介護施設の機能分化と連携の推進が示され、医療と介護施設間の連携強化を通じて、より効果的・効率的な医療・介護サービス提供体制の構築が重要になっている。スムーズな連携を支援するために電子カルテシステムと介護・サービス事業者向けシステムの情報連携も必須であり、ワイズマンの「MC.net」もそれを見据えたものと思われる。

(増田 克善=日経メディカルオンライン/デジタルヘルスOnline委嘱ライター)
 

電子カルテシステムERに実装されるMC.netの連携機能

 

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161