ワイズマン、介護向けシステムとの連携機能を電子カルテシステムに新たに実装

 ワイズマンは、「電子カルテシステムER」に、介護施設・サービス事業者向けシステム「ワイズマンシステムSP」との連携を支援する機能「MC.net」を新たに実装し、2012 年4月から販売する。実装する主な連携機能は、ヾ擬坿靄楜’修龍ν、⊃芭邸Ε吋記録の共有、紹介状やサマリー情報の共有、こ道楡澆稜箴紂ν用状況等の一元化の4つ。

 「MC.net」は、医療施設と介護施設・サービス事業者で保有している患者の基本情報を共有。他施設の基本情報を参照できるのに加えて、医療施設で作成した紹介状や要約情報を介護施設でも共有可能に。より詳細な医療施設のカルテや看護経過記録、リハビリ記録と介護施設のケア記録が時系列で確認でき、他施設での患者の状態を詳しく把握できる。さらに、各施設の医療部門と介護部門の売り上げや利用状況などの情報を集約し、法人またはグループ全体の経営データとしての利用を可能にする。Webブラウザだけで利用できるので、iPadなどの携帯情報端末でも情報を参照できる。

 2012年度の診療報酬・介護報酬の同時改定では、医療・介護施設の機能分化と連携の推進が示され、医療と介護施設間の連携強化を通じて、より効果的・効率的な医療・介護サービス提供体制の構築が重要になっている。スムーズな連携を支援するために電子カルテシステムと介護・サービス事業者向けシステムの情報連携も必須であり、ワイズマンの「MC.net」もそれを見据えたものと思われる。

(増田 克善=日経メディカルオンライン/デジタルヘルスOnline委嘱ライター)
 

電子カルテシステムERに実装されるMC.netの連携機能

 

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正