「FileMaker カンファレンス2011」開催、医療現場での活用例も多数紹介

「FileMaker カンファレンス2011」で講演する名古屋大学の吉田氏

 ファイルメーカーは11月9〜10日、都内のフォーシーズンズホテル椿山荘でFileMakerのユーザーが一堂に会する「FileMaker カンファレンス2011」を開催した。10日に行われたメディカルトラックでは、FileMakerやFileMaker Goを医療現場で先進的に活用している医療ユーザーが、3つのテーマで5事例を紹介した。

 最初のテーマは、災害時病院情報統合管理システム「MedPower」。名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター センター長 吉田茂氏が、東日本大震災の発生をきっかけに自身が開発した医療施設の診療リソースを統合的・一元的に管理する「MedPower」の全体像を紹介した(関連記事はこちら)。同システムは、災害時の医療施設の被害状況と被災地外を含めた医療機関の診療リソースや稼働状況を統合するもの。

 医療施設全体の情報を集約したMedPowerの下に、小児科領域に特化した詳細情報を扱う小児科診療リソース統合管理システム「PedPower」、産科の妊娠分娩管理に関する情報をまとめた産科診療リソース統合管理システム「ObsPower」、日本循環器学会認定施設の情報を中心に集約した循環器科診療リソース統合管理システム「CardioPower」がある。CardioPowerに関しては、山陰労災病院循環器科第3循環器科部長 太田原顕氏が、日本循環器学会で公開されているデータを基に、同システムの各医療施設の基本情報を収録した際の手順やツールを紹介した。

 医療情報システムの情報をiPadで俯瞰するというテーマでは、大阪医療センター産婦人科 岡垣篤彦氏による同医療センターの電子カルテでのiPad/iPhoneの活用例、東京都立広尾病院小児科医長、IT推進担当兼務 山本康仁氏による同病院の参照型電子カルテの事例が紹介された。

 岡垣氏は、富士通の病院情報システムにFileMaker Proを接続して、電子カルテの記載閲覧をFileMaker Proで行う仕組みを紹介。その中で無線LAN環境を使ってiPadを現場で活用していく展開を述べた。一方山本氏は、災害時にスタンドアローンで大量の情報を持ち出して利用できるiPadによる参照型電子カルテの開発を紹介。医療スタッフの行動を追跡し、必要な情報を基幹システムから適切に送信する仕組みの必要性を述べるなど、医療現場におけるITツールの次世代インタフェースを語った。

 最後のセッションでは、「月間2500件の確実な往診が使命の在宅療養を支える訪問管理システム」と題して、板橋区役所前診療所の浅海直氏と、開発を担当したスプラッシュの有ヶ谷薫氏が講演。従来運用してきた患者情報データベース(FileMaker Pro)、往診スケジュール管理システム(委託開発)、施設患者往診スケジュール管理システム(Excel)の3システムを、FileMakerで統合した問診療支援システム「Beluga」を紹介した。

(増田 克善=デジタルヘルスOnline/日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31