埼玉利根医療圏糖尿病ネットワーク、バーチャル糖尿病検診センターの運用を開始

 NPO法人 埼玉利根医療圏糖尿病ネットワーク(理事長:高井孝二氏、東埼玉総合病院院長)は、ICTを活用して地域ぐるみで糖尿病患者をスクリーニングし、適切な治療ルートに載せていくためのソリューション「バーチャル糖尿病検診センター」の運用を開始したと発表した。

 バーチャル糖尿病検診センターは、相当数潜在していると考えられる未診断、未治療、治療中断状態の糖尿病患者を、地域の歯科診療所や薬局などを活用して“発見”し、糖尿病専門医、かかりつけ医が協力して継続的な治療へ結びつけるための仕組みだ。

 Net-SMBGシステムと呼ばれるソリューションを採用。歯科診療所や薬局の自己血糖測定器で測定したデータをインターネット経由で転送し、糖尿病専門医がWebサイトで遠隔参照できるようにした。経産省地域イノベーション創出研究開発事業(平成20・21年度)により開発されたシステムで、複数メーカーの自己血糖測定器に対応できる点が特長という。
 

バーチャル糖尿病検診センターの概要図

 
 
 バーチャル糖尿病検診センターの具体的なワークフローは、歯科診療所や薬局で口腔内所見や問診、自己血糖測定(患者の同意が必要)を行う。その際、穿刺行為や採血は、歯科医や薬剤師が指導する。検査結果は、インターネット経由でNet-SMBGシステムに送られ、糖尿病専門医がWebで検査結果を参照。要受診と判断された患者は、歯科診療所経由での糖尿病専門外来の診療予約と作成された紹介状を持って、糖尿病に関する診察を受ける。なお、糖尿病専門医への紹介と同時に歯科診療所や薬局は糖尿病連携パスに登録され、それぞれ、かかりつけ歯科医、かかりつけ薬局となる。

 その後、糖尿病専門医による治療を受けて病状が安定すれば、患者は循環型連携パスを用いた、かかりつけ医との連携診療へ移行する。かかりつけ医との連携診療移行後も糖尿病連携パスに基づき、歯科診療所での治療や年1回の定期受診は継続する。また、薬局はかかりつけ薬局として関与する。

 11月現在、モデル事業として、埼葛歯科医師会所属の2歯科診療所(大宮歯科医院:幸手市、山崎歯科医院:春日部市)と、春日部市薬剤師会所属の1薬局(ファーマシーいまい)の計3施設が本事業へ参加している。相談窓口となる糖尿病専門医は、社会医療法人ジャパンメディカルアライアンスの東埼玉総合病院地域糖尿病センター所属の糖尿病専門医1名が担当している。

 なお、本事業は、内閣官房高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部の第8回医療情報化に関するタスクフォースにおいて、「どこでもMY病院」の具体的な使い方として紹介された。

(増田 克善=デジタルヘルスOnline/日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:863
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:5
  3. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:254
  4. 動かなくなって気付く…左母指の重要性 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:32
  5. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:198
  6. 「脱水」は2つに大別して考える カデット特集●シーズン前に押さえよう 脱水の基本 FBシェア数:263
  7. 使い捨て医療機器は「再利用」から「再製造」へ インタビュー◎院内での中途半端な洗浄・滅菌はやめよう FBシェア数:196
  8. 患者指導にとって言葉は聴診器以上に大切だ 追悼◆日野原重明氏《インタビュー再録》 FBシェア数:991
  9. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  10. 予約制で1日40人、念願のきめ細やかな診療実現 ルポ:50代の転職(3)◎完全予約制の小児科を開業 FBシェア数:102