富士フイルム、気管支の3D画像解析も可能にした3D画像解析システム

ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT Ver.3

 富士フイルムは11月1日、CTやMRIなどの断層画像から高精度な3D画像を生成する医療向け3D画像解析システム「ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT Ver.3」を発表、富士フイルムメディカルを通じて販売を開始した。

 新バージョンでは、新たに呼吸器領域でも微細な気管支などの高精度な3D画像解析を可能にした。「SYNAPSE VINCENT Ver.3」は、富士フイルム独自の画像処理技術「Image Intelligence」をさらに進化させ、従来バージョンが対応していた放射線科、循環器、消化器の領域に加え、呼吸器領域の3D画像解析にも対応。1ミリメートル以下の気管支や肺動脈、肺静脈の細部まで高精細に抽出でき、主に喫煙が原因で肺に炎症が起こり、気道が狭くなるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの診断支援、気管支鏡シミュレーションを可能にする。

 また、「冠動脈解析」を使って冠動脈を抽出・認識し、狭窄部位や石灰化領域の特定を支援する情報の提示、「心機能解析」を使った左心室の心機能を定量化する機能を搭載。さらに、「肝臓解析」を使って門脈・肝静脈などの血管を抽出する機能、その血管ごとの支配領域を認識し、色分け・分割表示して容積データを提供する機能なども搭載した。

 同システムではサーバー側で画像処理を行い、シンクライアント環境で動作するため、院内のどのクライアント端末からでも3D画像解析ができる。断層画像から3D画像化する処理速度を高速化させるとともに、クライアント端末への画像転送に独自の画像圧縮技術を応用して通信時のデータの圧縮・解凍の高速化したことにより、画像転送・表示速度を従来バージョンの2.3倍に高めたという。

(増田 克善=デジタルヘルスOnline/日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14