富士フイルム、気管支の3D画像解析も可能にした3D画像解析システム

ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT Ver.3

 富士フイルムは11月1日、CTやMRIなどの断層画像から高精度な3D画像を生成する医療向け3D画像解析システム「ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT Ver.3」を発表、富士フイルムメディカルを通じて販売を開始した。

 新バージョンでは、新たに呼吸器領域でも微細な気管支などの高精度な3D画像解析を可能にした。「SYNAPSE VINCENT Ver.3」は、富士フイルム独自の画像処理技術「Image Intelligence」をさらに進化させ、従来バージョンが対応していた放射線科、循環器、消化器の領域に加え、呼吸器領域の3D画像解析にも対応。1ミリメートル以下の気管支や肺動脈、肺静脈の細部まで高精細に抽出でき、主に喫煙が原因で肺に炎症が起こり、気道が狭くなるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの診断支援、気管支鏡シミュレーションを可能にする。

 また、「冠動脈解析」を使って冠動脈を抽出・認識し、狭窄部位や石灰化領域の特定を支援する情報の提示、「心機能解析」を使った左心室の心機能を定量化する機能を搭載。さらに、「肝臓解析」を使って門脈・肝静脈などの血管を抽出する機能、その血管ごとの支配領域を認識し、色分け・分割表示して容積データを提供する機能なども搭載した。

 同システムではサーバー側で画像処理を行い、シンクライアント環境で動作するため、院内のどのクライアント端末からでも3D画像解析ができる。断層画像から3D画像化する処理速度を高速化させるとともに、クライアント端末への画像転送に独自の画像圧縮技術を応用して通信時のデータの圧縮・解凍の高速化したことにより、画像転送・表示速度を従来バージョンの2.3倍に高めたという。

(増田 克善=デジタルヘルスOnline/日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:69
  2. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  3. 「神経内科」改め「脳神経内科」をよろしく! 日本神経学会代表理事の高橋良輔氏に聞く FBシェア数:370
  4. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  5. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:36
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:62
  7. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:0
  8. カマグ、アミティーザ、グーフィス、何を使う? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:145
  9. 糖尿病合併高血圧の降圧療法、第一選択薬は? 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:34
  10. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正