日本オラクル、医療・医薬品向けソリューションを日本で本格展開

オラクル・コーポレーションのヘルスサイエンス・グローバルビジネスユニット、シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネジャーであるニール・デ・クレセンゾ氏

 日本オラクルは20日、プレス向けセミナーを開催。同社の医療・医薬品業界向けソリューションについて解説し、本格的に日本国内での提供を開始すると発表した。これらは、臨床試験のデータ管理、医薬品・医療機器の安全性管理を支援することを目的としたもの。

 冒頭で、オラクル・コーポレーションのヘルスサイエンス・グローバルビジネスユニット、シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネジャーであるニール・デ・クレセンゾ氏が、業界のトレンドと同社の戦略について解説した。同氏は「コラボレーション、イノベーション、エンパワーメント」をキーワードとして掲げ、「ライフサイエンスと医療が融合した、予測的で予防的な参加型の個別化医療が将来の主流となる。オラクルはこうした個別化医療のプラットフォームを提供していく」と主張した。

 続いて、オラクル・コーポレーションの医療&ライフサイエンスインダストリー事業部日本&アジア太平洋、日本担当ディレクター前田全紀氏が、同社のソリューションについて解説した。

 「Integrated Post Marketing Surveillance (iPMS)」は、製造販売後調査向けSaaS型EDCソリューション。EDCは、インターネットなどを通じて臨床試験データを実施医療機関から電子的に収集するシステムを指す。一般開業医や医薬情報担当者向けなので、ITに精通していない人でも使いやすい操作性を重視し、データ収集や報告書・レポートの作成などを支援する。このほかSaaS型臨床試験向けEDCソリューション「Oracle Health Sciences InForm GTM 5.5」、オンプレミス型の医薬品安全性管理アプリケーション「Oracle Argus Safety」などを紹介した。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7