日本オラクル、医療・医薬品向けソリューションを日本で本格展開

オラクル・コーポレーションのヘルスサイエンス・グローバルビジネスユニット、シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネジャーであるニール・デ・クレセンゾ氏

 日本オラクルは20日、プレス向けセミナーを開催。同社の医療・医薬品業界向けソリューションについて解説し、本格的に日本国内での提供を開始すると発表した。これらは、臨床試験のデータ管理、医薬品・医療機器の安全性管理を支援することを目的としたもの。

 冒頭で、オラクル・コーポレーションのヘルスサイエンス・グローバルビジネスユニット、シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネジャーであるニール・デ・クレセンゾ氏が、業界のトレンドと同社の戦略について解説した。同氏は「コラボレーション、イノベーション、エンパワーメント」をキーワードとして掲げ、「ライフサイエンスと医療が融合した、予測的で予防的な参加型の個別化医療が将来の主流となる。オラクルはこうした個別化医療のプラットフォームを提供していく」と主張した。

 続いて、オラクル・コーポレーションの医療&ライフサイエンスインダストリー事業部日本&アジア太平洋、日本担当ディレクター前田全紀氏が、同社のソリューションについて解説した。

 「Integrated Post Marketing Surveillance (iPMS)」は、製造販売後調査向けSaaS型EDCソリューション。EDCは、インターネットなどを通じて臨床試験データを実施医療機関から電子的に収集するシステムを指す。一般開業医や医薬情報担当者向けなので、ITに精通していない人でも使いやすい操作性を重視し、データ収集や報告書・レポートの作成などを支援する。このほかSaaS型臨床試験向けEDCソリューション「Oracle Health Sciences InForm GTM 5.5」、オンプレミス型の医薬品安全性管理アプリケーション「Oracle Argus Safety」などを紹介した。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198