深谷赤十字病院がGEのクラウド型サービス「医知の蔵」の試験運用開始

 GEヘルスケア・ジャパンは、埼玉県深谷市の深谷赤十字病院(病床数506床、感染症6床、診療科20科)で、同社の提供するクラウドコンピューティング技術を利用した医療用画像のデータホスティング・サービス「医知の蔵(いちのくら)」の試験運用がスタートしたと発表した。

 医知の蔵は、GEヘルスケアのPACS(医用画像管理システム)を導入している顧客医療機関が撮影したCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴断層撮影装置)、PET(陽電子放射断層撮影装置)などの医用画像を、ソフトバンクテレコムのデータセンターで保存するクラウド型の医療サービス(過去の掲載記事を参照)。医用画像は、プライマリーデータセンターと国内遠隔地のバックアップ用セカンダリデータセンターの2カ所で保管するため、ディザスタリカバリ体制の強化にもつながる。

 深谷赤十字病院は、GEヘルスケア製のCTやMRI、血管造影撮影装置などの画像診断装置と医用画像管理システム「Centricity PACS」のユーザーだが、増え続ける大容量医用画像データ保存に関する管理体制やコストを考慮して、クラウド型サービス利用に踏み切った。10月下旬に本格稼働を予定しており、既に9月20日から各種検証を実施している。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2