深谷赤十字病院がGEのクラウド型サービス「医知の蔵」の試験運用開始

 GEヘルスケア・ジャパンは、埼玉県深谷市の深谷赤十字病院(病床数506床、感染症6床、診療科20科)で、同社の提供するクラウドコンピューティング技術を利用した医療用画像のデータホスティング・サービス「医知の蔵(いちのくら)」の試験運用がスタートしたと発表した。

 医知の蔵は、GEヘルスケアのPACS(医用画像管理システム)を導入している顧客医療機関が撮影したCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴断層撮影装置)、PET(陽電子放射断層撮影装置)などの医用画像を、ソフトバンクテレコムのデータセンターで保存するクラウド型の医療サービス(過去の掲載記事を参照)。医用画像は、プライマリーデータセンターと国内遠隔地のバックアップ用セカンダリデータセンターの2カ所で保管するため、ディザスタリカバリ体制の強化にもつながる。

 深谷赤十字病院は、GEヘルスケア製のCTやMRI、血管造影撮影装置などの画像診断装置と医用画像管理システム「Centricity PACS」のユーザーだが、増え続ける大容量医用画像データ保存に関する管理体制やコストを考慮して、クラウド型サービス利用に踏み切った。10月下旬に本格稼働を予定しており、既に9月20日から各種検証を実施している。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837