深谷赤十字病院がGEのクラウド型サービス「医知の蔵」の試験運用開始

 GEヘルスケア・ジャパンは、埼玉県深谷市の深谷赤十字病院(病床数506床、感染症6床、診療科20科)で、同社の提供するクラウドコンピューティング技術を利用した医療用画像のデータホスティング・サービス「医知の蔵(いちのくら)」の試験運用がスタートしたと発表した。

 医知の蔵は、GEヘルスケアのPACS(医用画像管理システム)を導入している顧客医療機関が撮影したCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴断層撮影装置)、PET(陽電子放射断層撮影装置)などの医用画像を、ソフトバンクテレコムのデータセンターで保存するクラウド型の医療サービス(過去の掲載記事を参照)。医用画像は、プライマリーデータセンターと国内遠隔地のバックアップ用セカンダリデータセンターの2カ所で保管するため、ディザスタリカバリ体制の強化にもつながる。

 深谷赤十字病院は、GEヘルスケア製のCTやMRI、血管造影撮影装置などの画像診断装置と医用画像管理システム「Centricity PACS」のユーザーだが、増え続ける大容量医用画像データ保存に関する管理体制やコストを考慮して、クラウド型サービス利用に踏み切った。10月下旬に本格稼働を予定しており、既に9月20日から各種検証を実施している。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1