第2回医療情報システム監査人試験実施を発表、前回は300人受験

 医療情報システムの普及を推進する財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC、理事長:遠藤明氏、http://www.medis.jp/)は、2回目の医療情報システム監査人試験を、12月11日に東京と神戸で実施すると発表した。

 この試験は、医療情報システムの運用や開発に従事する技術者の安全管理に関する知識やスキルを評価するもの。なお認定業務は、MEDIS-DCとは別法人の一般社団法人医療情報安全管理監査人協会(iMISCA、会長山本隆一氏、http://www.imisca.jp/)が実施する。試験と教育の実施主体を分けることで、制度の客観性を担保するのが目的である。認定資格は、公認医療情報システム監査人補(Medical Information System Certified Auditor-Associate:MISCA補)と、公認医療情報システム監査人(Medical Information System Certified Auditor:MISCA)の2つ。試験の合格者が申請することで、資格を得られる。

 第1回目の試験(5月22日開催予定が大震災の影響で6月19日に延期)は、受験者数308人、合格者数142人で、合格率は46.1%だった。合格者の勤務先としては、一般企業が67%、保健医療福祉施設及び教育研究機関が31%を占めた。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239