第2回医療情報システム監査人試験実施を発表、前回は300人受験

 医療情報システムの普及を推進する財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC、理事長:遠藤明氏、http://www.medis.jp/)は、2回目の医療情報システム監査人試験を、12月11日に東京と神戸で実施すると発表した。

 この試験は、医療情報システムの運用や開発に従事する技術者の安全管理に関する知識やスキルを評価するもの。なお認定業務は、MEDIS-DCとは別法人の一般社団法人医療情報安全管理監査人協会(iMISCA、会長山本隆一氏、http://www.imisca.jp/)が実施する。試験と教育の実施主体を分けることで、制度の客観性を担保するのが目的である。認定資格は、公認医療情報システム監査人補(Medical Information System Certified Auditor-Associate:MISCA補)と、公認医療情報システム監査人(Medical Information System Certified Auditor:MISCA)の2つ。試験の合格者が申請することで、資格を得られる。

 第1回目の試験(5月22日開催予定が大震災の影響で6月19日に延期)は、受験者数308人、合格者数142人で、合格率は46.1%だった。合格者の勤務先としては、一般企業が67%、保健医療福祉施設及び教育研究機関が31%を占めた。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153