【ホスピタルショウ】東芝住電医療情報システムズが医療連携と医事会計システムを発売

医療連携システム「HAPPY netty」のデモ画面

 東芝住電医療情報システムズは、医療連携システム「HAPPY netty」と医事会計システム「HAPPY CS-Plus」を7月に発売、国際モダンホスピタルショウで初めて展示した。

 医療連携システム「HAPPY netty」は、病院、診療所、健診センター、読影センター、介護施設などの間で、医療情報をやり取りする環境を実現する。診療情報や入院・検査予約情報などの共有と連携が、Webブラウザーで可能となる。データの標準化技術を採用しており、異なるベンダーの電子カルテを利用している医療機関の間でも情報連携ができる。医用画像データについては、年度内に連携可能にする予定。

 中核となる病院は、新たに地域連携用のサーバーを導入。診療所などは、インターネット環境の整備が必要となる。標準価格は1200万円からで、3年間で12件の販売を目標としている。

 医事会計システム「HAPPY CS-Plus」は、レセプトオンライン対応。2画面を開いての並列処理に特徴があり、例えば会計情報入力の際に患者情報や診療情報から簡単に転記できる。加えて、レセプト債権管理や未収金管理機能を備えている。価格は800万円からで、3年間で500件の販売を目標としている。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95