富士フイルムが、骨粗鬆症の早期発見に役立つクリニック向けサービス開始

 富士フイルムは、デジタルX線画像から直接骨塩量を計測するデジタルデジタル骨塩定量測定サービス「+DIP(プラスディーアイピー)」を、富士フイルムメディカルを通じて7月16日に提供開始する。骨粗鬆症などの検査に用いられる骨塩定量測定で、5秒程度で測定結果を出す機能を持つクリニック向けのサービスだ。

 クリニックで最も普及している骨粗鬆症の検査方法は、X 線撮影によって手の骨塩量を計測するDIP 法。ただ、撮影した画像データをX 線フィルムに出力して、外部に計測を委託しなければならず、検査結果が判明するまでに時間がかかっていた。今回の「+DIP」は、デジタルX 線画像診断装置で生成した画像データを、富士フイルムのクリニック向け医用画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」 上で処理することで、5秒程度で骨塩量を計測できる。診療業務の効率化はもちろん、患者にすぐに結果を知らせることでサービス向上が期待できる。

 富士フイルムは、「+DIP」と医療施設向けクラウドサービス「ASSISTA Portal(アシスタ ポータル)」(※こちらの記事を参照)を連携させ、クリニックに対して、システム導入時の初期投資を抑えられる従量課金システムと、定期的に測定精度を監視する仕組み(今年度中開始予定)も提供する。


(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31