富士フイルムが、骨粗鬆症の早期発見に役立つクリニック向けサービス開始

 富士フイルムは、デジタルX線画像から直接骨塩量を計測するデジタルデジタル骨塩定量測定サービス「+DIP(プラスディーアイピー)」を、富士フイルムメディカルを通じて7月16日に提供開始する。骨粗鬆症などの検査に用いられる骨塩定量測定で、5秒程度で測定結果を出す機能を持つクリニック向けのサービスだ。

 クリニックで最も普及している骨粗鬆症の検査方法は、X 線撮影によって手の骨塩量を計測するDIP 法。ただ、撮影した画像データをX 線フィルムに出力して、外部に計測を委託しなければならず、検査結果が判明するまでに時間がかかっていた。今回の「+DIP」は、デジタルX 線画像診断装置で生成した画像データを、富士フイルムのクリニック向け医用画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」 上で処理することで、5秒程度で骨塩量を計測できる。診療業務の効率化はもちろん、患者にすぐに結果を知らせることでサービス向上が期待できる。

 富士フイルムは、「+DIP」と医療施設向けクラウドサービス「ASSISTA Portal(アシスタ ポータル)」(※こちらの記事を参照)を連携させ、クリニックに対して、システム導入時の初期投資を抑えられる従量課金システムと、定期的に測定精度を監視する仕組み(今年度中開始予定)も提供する。


(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0