富士フイルムが、骨粗鬆症の早期発見に役立つクリニック向けサービス開始

 富士フイルムは、デジタルX線画像から直接骨塩量を計測するデジタルデジタル骨塩定量測定サービス「+DIP(プラスディーアイピー)」を、富士フイルムメディカルを通じて7月16日に提供開始する。骨粗鬆症などの検査に用いられる骨塩定量測定で、5秒程度で測定結果を出す機能を持つクリニック向けのサービスだ。

 クリニックで最も普及している骨粗鬆症の検査方法は、X 線撮影によって手の骨塩量を計測するDIP 法。ただ、撮影した画像データをX 線フィルムに出力して、外部に計測を委託しなければならず、検査結果が判明するまでに時間がかかっていた。今回の「+DIP」は、デジタルX 線画像診断装置で生成した画像データを、富士フイルムのクリニック向け医用画像診断ワークステーション「C@RNACORE(カルナコア)」 上で処理することで、5秒程度で骨塩量を計測できる。診療業務の効率化はもちろん、患者にすぐに結果を知らせることでサービス向上が期待できる。

 富士フイルムは、「+DIP」と医療施設向けクラウドサービス「ASSISTA Portal(アシスタ ポータル)」(※こちらの記事を参照)を連携させ、クリニックに対して、システム導入時の初期投資を抑えられる従量課金システムと、定期的に測定精度を監視する仕組み(今年度中開始予定)も提供する。


(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 78歳女性。腹部の線状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 胸腔ドレーン挿入の理想と現実 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:67
  3. 「めまいの原因は何?」澄んだ心で耳を傾けよう 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:32
  4. 体重増加前に心不全増悪の予兆をどう察知する? 特集◎あなたが防ぐ急性増悪《心不全》 FBシェア数:51
  5. 24歳女性。全身の皮疹、発熱 日経メディクイズ●初期診療 FBシェア数:0
  6. あなたのお金、働き者にさせませんか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:25
  7. 抗RSV抗体の投与回数制限で救えない命がある 倉敷中央病院総合周産期母子医療センター主任部長の渡部晋一氏に聞く FBシェア数:35
  8. 新規オピオイド製剤の注射薬、経口薬に続き登場 最新DIピックアップ FBシェア数:74
  9. ワクチン接種って本当に必要ですか? 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:239
  10. 自治体の権限強化で医師の地域偏在は解消するか リポート◎医師偏在対策に向けた医師法・医療法改正案が成立へ FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正