富士フイルムが医療施設向け各種サービスをクラウドで提供

「ASSISTA Portal」のシステム概要

 富士フイルムは7月11日、病院や診療所などにオンラインで地域医療連携やリモート保守などの各種サービスを提供する「ASSISTA Portal」(アシスタ ポータル)を、クラウドサービスとして7月より本格的に提供開始したと発表した。同サービスは、これまで富士フイルムが提供してきたクラウド型の地域医療連携サービスや保守サービスに新たな機能を追加し、1つのポータルサイトから利用できるようにしたもの。サービスは、富士フイルムメディカルを通じて提供する。

 「ASSISTA Portal」で提供するサービスは、|楼莪緡渡携サービス、⊃芭纏抉腑機璽咼后↓J歇薀機璽咼垢3つからなる。「C@RNA Connect」(カルナ コネクト)は、診療所と地域の中核病院をオンラインで結び、診療予約や検査依頼が可能なのに加えて、診療情報提供書・退院サマリー・読影所見などのドキュメント類、検査画像データをインターネット経由で送信できる。このサービス自体は2005年5月に提供開始しており、全国で約70病院、1100施設が利用している。

 保守サービスの「ACTIVE Line」(アクティブ ライン)は、同社のX線画像診断装置などの医療機器を利用するユーザーに対して、リモートでログデータ解析・予兆監視、リモートデスクトップ機能を使用した操作支援、保守サービスの履歴管理などを提供する。2009年4月からサービス提供されているが、「ASSISTA Portal」への統合を機に、新たにモバイル通信装置を搭載した医療機器にも対応している。

 新たに追加されたのが、診療支援サービスの「ASSISTA Contents」(アシスタ コンテンツ)サービス。最新の医療ニュースや解剖図などに加えて、他の医療施設と同じ画像を見ながら専用掲示板上でのカンファレンスを実施する機能を提供する。また、製品・サービスに対する問合せを、利用者の指定の時間にテクニカルサービスセンターからコールバックによる対応を行う。

 富士フイルムでは、今後も「ASSISTA Portal」に順次さまざまなサービスやコンテンツを拡充していき、ポータルを通じて医療施設の診療業務をサポートしていくという。

(増田 克善=日経メディカルオンライン/デジタルヘルスOnline委嘱ライター

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97