GEヘルスケアがクラウド型サービス「医知の蔵」を販売開始

 GEヘルスケア・ジャパンは7月1日、クラウドコンピューティング型の医用画像ホスティングサービス「医知の蔵(いちのくら)」の販売を開始したと発表した。同時に専用のWebサイト(http://www.ichino-kura.jp)も開設。サービス提供開始は今年10月を予定している(関連ニュースはこちら)。
 
 医知の蔵は、GEヘルスケアのPACS(医用画像管理システム)を導入している顧客医療機関が撮影したCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴断層撮影装置)、PET(陽電子放射断層撮影装置)などの医用画像を、ソフトバンクテレコムの保有するデータセンター設備を活用して院外保存するクラウド型の医療サービス。GEヘルスケアは医用画像の保存に関する運用管理業務を手がける。
l
 医知の蔵を導入すると、医療機関は大容量の医用画像データを外部保管できるようになる。院内保存に必要なサーバー代や電気代、人件費などが一部不要になるためコストダウンにつながるほか、プライマリーデータセンターと国内遠隔地に設置されたバックアップ用のセカンダリデータセンターの2カ所に保存されるため、ディザスタリカバリ強化にもつながる。

 まず、GEヘルスケアのPACSを導入している大規模病院を対象に販売。その後中小規模病院、クリニックへと拡大していく計画だ。料金は未定だが、基本使用料に加えてホスティングしたデータ容量に応じた従量料金を採用する予定である。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130