遠隔画像診断治療補助システム 「i-Stroke」発売、慈恵医大と富士フイルムが共同開発

 富士フイルムは6月16日、遠隔画像診断治療補助システム「i-Stroke(アイストローク)」の販売を開始した(販売窓口は富士フイルムメディカル)。iPhoneなどのスマートフォンを利用して脳卒中の救急医療をサポートするシステムで、東京慈恵会医科大学(以下、慈恵医大)脳神経外科学講座教授の村山雄一氏、同助教の高尾洋之氏らと共同開発した。

i-Strokeの機能を説明する慈恵医大教授の村山雄一氏

 脳卒中患者は、救急搬送される重症患者の約3割を占める。脳卒中の発症時には、受け入れ先の病院で3時間以内に迅速で適切な処置ができるかが、患者の生死や予後を大きく左右する。発症から搬送、治療開始までの時間短縮が大きな意味を持つが、経験豊富な専門医が24時間体制で勤務し、適切な治療を実施できる病院は全国でも少ない。

 「i-Stroke」は、院外にいる専門医のスマートフォンに患者の検査画像や診療情報を送信するだけでなく、必要な情報をやりとりするコミュニケーションを可能にし、診断や治療をサポートする。専門医が院内にいない場合でも、専門医に実際の患者の画像などを見てもらったうえで、治療に必要な処置に関する指示やアドバイスを仰ぐことができる。

左から、富士フイルム取締役執行役員 玉井光一氏、慈恵医大教授の村山雄一氏、富士フイルムメディカル社長 平井治郎氏、慈恵医大の高尾洋之氏

 主な機能は、登録されている専門医のスマートフォンに一斉連絡ができる「ストロークコール機能」、検査画像や専門医のコメントを時間の経過に沿って見られる「タイムライン表示」、薬剤投与量の算出や禁忌項目の確認ができる「治療補助機能」、CTなどの医用画像を見やすく表示する「3D画像作成機能」、動画をリアルタイムで見られる「ストリーミング機能」などだ。i-Strokeを導入した病院や診療所間で医療連携を実現するi-Hospital機能もある。

検査結果や治療方針に対してコメントできるツイート機能も備える

 慈恵医大の村山氏は「現在、慈恵医大付属病院本院で20人、付属第三病院で10人、大森赤十字病院で3人がシステムを利用している。個人的には米国や豪州など広い医療圏を抱える海外諸国でも、i-Strokeに対する需要があると考えている」と説明した。

 システムの導入価格は1000万〜5000万円。富士フイルムは、日本にある脳神経外科関連の救急拠点3200カ所のうち、5年間で30%程度の施設へ導入を目指すとしている。また、現在対応しているのはiPhone、iPadのみだが、秋にはAndroid端末に対応する予定である。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline


※慈恵医大でのi-Stroke実証実験の事例記事はこちらです。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27