相澤病院がタイムライン連携システムを試験運用、NTT東日本などと共同で

左から2番目が相澤病院理事長・院長の相澤孝夫氏、同3番目が日本大学医学部教授の根東義明氏

 相澤病院(長野県松本市)は、NTT東日本と共同で、6月10日から来年3月末まで「タイムライン連携システム」の試験運用を開始した。タイムラインとは、症状やデータ、検査や投薬などの履歴を記した診療記録を時間軸の上に一覧表示したもの。「タイムライン連携システム」はそのビューワー機能を持ち、SS-MIXに準拠している。NTT東日本と相澤病院が、2010年から日本大学医学部教授の根東義明氏の協力を得て開発してきた。

 今回のトライアルの特長は、異なる病院・診療所で測定されたデータを結合して同一のタイムライン上に表示すること。相澤病院は、まずNTT東日本の電子カルテ「Future Clinic 21 ワープ」を導入している松本市周辺の8診療所と順次提携する。

タイムライン表示の画面イメージ

 
 システム的には、NTT東日本のデータセンターにタイムライン連携サーバーを設けて、各医療機関がそこにデータを預ける形を取る。データセンターと医療機関の間は、セキュリティを確保したVPNネットワークで結ぶ。各医療機関ではタイムライン連携用のPCに専用アプリへーションをインストールし、そのPCからサーバーにアクセスしデータを参照・表示する。

 連携当初は、紹介・逆紹介対象となった患者のデータに限定し、まず投薬情報や検査結果のデータから開始する。相澤病院理事長・院長の相澤孝夫氏は、試験運用のスケールについて「現在患者紹介・逆紹介を合わせて、1つの診療所で1か月当たり15〜20人の利用がある。8診療所なので、月間で120〜160人程度になる」と説明した。

タイムライン連携システムの概要

 
 来年3月末の試験運用終了後は実運用に入る予定で、相澤病院同様にソフトウェアサービスの電子カルテを利用している医療機関を中心に、対象を4病院、94診療所、16薬局へと拡大する計画だ。利用料金は未定。また将来は、SS-MIXに準拠するすべての電子カルテ間で、相互にタイムライン表示できるようにする構想もある。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44