富士通、機能強化した中規模病院向け電子カルテを販売開始

 富士通は6月13日、中堅規模病院向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX(ホープ イージーメイン エルエックス)」の販売を開始したと発表した。「LX」は、200床程度までの中堅規模病院を対象にした電子カルテシステム。大規模病院向けシステム「HOPE/EGMAIN-GX」をベースに開発した。

 同社はこれまで中規模病院向けの電子カルテシステムとして「HOPE/EGMAIN-NX」を提供してきたが、LXにはいくつかの新機能が加わっている。例えば、ヒストリカルビュー(紙カルテの厚みを視覚的に表現し検索しやすくする機能)、マルチカルテビューア(マルチウィンドウ形式で一画面に各種ビューアを表示)などだ。また、同社のSaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」と連携し、他の医療機関とネットワーク経由で診療情報を共有する地域医療連携が可能だ。

操作画面の例

 価格は、ハードウエア、ミドルウエア、アプリケーション、導入に必要なセットアップ費用や操作指導などのサービス費用込みで3500万円から。富士通では、2013年3月末までに200システムの販売を見込んでいる。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスオンライン

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 脳内出血しやすい高齢者はこう見分ける リポート◎悩ましい高齢者への抗凝固療法 FBシェア数:69
  2. 専門医資格をとるメリットが分かりません 医学生座談会◎新専門医制度って何がしたいの? FBシェア数:3
  3. 「神経内科」改め「脳神経内科」をよろしく! 日本神経学会代表理事の高橋良輔氏に聞く FBシェア数:370
  4. 3歳女児。掌蹠に痒みを伴う多発性の水疱・膿疱 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:1
  5. 医師に落ち度のない「事故」をどう収めるか なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:36
  6. 術中に肉眼では分からない癌やリンパ節が光る リポート◎広がる蛍光ガイド手術 FBシェア数:62
  7. 輸血拒否の患者に緊急輸血の必要が生じたら 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:0
  8. カマグ、アミティーザ、グーフィス、何を使う? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:145
  9. 糖尿病合併高血圧の降圧療法、第一選択薬は? 学会トピック◎第7回臨床高血圧フォーラム FBシェア数:34
  10. 85歳女性、心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正