富士通、機能強化した中規模病院向け電子カルテを販売開始

 富士通は6月13日、中堅規模病院向け電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX(ホープ イージーメイン エルエックス)」の販売を開始したと発表した。「LX」は、200床程度までの中堅規模病院を対象にした電子カルテシステム。大規模病院向けシステム「HOPE/EGMAIN-GX」をベースに開発した。

 同社はこれまで中規模病院向けの電子カルテシステムとして「HOPE/EGMAIN-NX」を提供してきたが、LXにはいくつかの新機能が加わっている。例えば、ヒストリカルビュー(紙カルテの厚みを視覚的に表現し検索しやすくする機能)、マルチカルテビューア(マルチウィンドウ形式で一画面に各種ビューアを表示)などだ。また、同社のSaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」と連携し、他の医療機関とネットワーク経由で診療情報を共有する地域医療連携が可能だ。

操作画面の例

 価格は、ハードウエア、ミドルウエア、アプリケーション、導入に必要なセットアップ費用や操作指導などのサービス費用込みで3500万円から。富士通では、2013年3月末までに200システムの販売を見込んでいる。

(本間 康裕=医療とIT/デジタルヘルスオンライン

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0