タブレット端末を活用した「巡回診療支援システム」、NTTデータが福島医大へ無償提供【震災復興】

 NTTデータは、東日本大震災の被災地医療を支援するため、福島県立医科大学に対して「巡回診療支援システム」を無償で提供すると発表した。このシステムは、福島医大が主に避難所などで実施している巡回診療を支援するため、NTTデータが約3週間掛けて構築した。クラウド・サービスとタブレット端末を活用したシステムである。

 東日本大震災の発生後、福島医大は福島県内の避難所住民に対して巡回診療を実施してきた。しかし、診療記録を紙媒体で管理しているため、情報の共有や検索・確認が困難だった。このため、医師が同じ内容を何度も受診者に確認しなければならなかったという。

 今回NTTデータが構築した巡回診療支援システムを利用すれば、医師がタブレット端末を利用して、巡回先から過去の受診記録を確認できる。システムのデータベースには、これまで紙で管理してきた診療結果が、スキャナーで読み取られ電子的に保存してある。これを、現場の医師が、対応するタブレット端末であるNTTドコモの「GALAXY Tab」を利用して確認しながら診療に当たる。

 なお、今回のシステムのネットワークと情報管理については、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠したセキュリティ対策を実施しているという。

(小谷 卓也=デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176