タブレット端末を活用した「巡回診療支援システム」、NTTデータが福島医大へ無償提供【震災復興】

 NTTデータは、東日本大震災の被災地医療を支援するため、福島県立医科大学に対して「巡回診療支援システム」を無償で提供すると発表した。このシステムは、福島医大が主に避難所などで実施している巡回診療を支援するため、NTTデータが約3週間掛けて構築した。クラウド・サービスとタブレット端末を活用したシステムである。

 東日本大震災の発生後、福島医大は福島県内の避難所住民に対して巡回診療を実施してきた。しかし、診療記録を紙媒体で管理しているため、情報の共有や検索・確認が困難だった。このため、医師が同じ内容を何度も受診者に確認しなければならなかったという。

 今回NTTデータが構築した巡回診療支援システムを利用すれば、医師がタブレット端末を利用して、巡回先から過去の受診記録を確認できる。システムのデータベースには、これまで紙で管理してきた診療結果が、スキャナーで読み取られ電子的に保存してある。これを、現場の医師が、対応するタブレット端末であるNTTドコモの「GALAXY Tab」を利用して確認しながら診療に当たる。

 なお、今回のシステムのネットワークと情報管理については、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に準拠したセキュリティ対策を実施しているという。

(小谷 卓也=デジタルヘルスOnline

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180