富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」の販売を開始

 富士通は10日、SaaS型の地域医療ネットワークソリューション「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」を販売開始したと発表した。

 このサービスは、地域医療連携を実現する機能を、システム導入ではなくネットワークを通じたSaaS型ソリューションとして提供するもの。中核病院や診療所、介護施設など、地域の複数の医療機関が個別に保持する診療情報、検査結果、医用画像、レポート情報などの患者の情報を、データセンターを中継してネットワーク経由でどの医療機関からも確認できる。ユーザーは、クラウドコンピューティングなどの技術を利用して、診療所から中核病院への患者紹介や病院間の入院患者移動などを含めた地域医療連携を実現できる。

 SaaS型なので、ネットワークやシステムを新たに構築・保有する必要はなく、インターネットに接続できるPCと電子カルテシステムを用いて、短期間でサービスを利用できるようになる。セキュリティ面を考慮して、電子カルテシステムに登録されている患者の情報は、各医療機関に設置するサーバーに保持。富士通のデータセンターを中継して、相互にリアルタイムで連携させる。HL7やDICOMなどの医療情報交換のための標準規格、SS-MIX標準化ストレージ技術を採用しており、異なるベンダーの電子カルテシステムを利用している医療機関間で情報を共有できる。

HumanBridgeの概要図

 
 価格は10万円/月から(中継センターとして富士通データセンターを利用する場合の価格)。患者情報が登録されている各医療機関の電子カルテシステムへの接続には、サーバーの導入が必要となる(1000万円から)。富士通では、2013年3月末までに300医療機関への導入を目標としている。

(本間 康裕=医療とIT 企画編集)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18