富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」の販売を開始

 富士通は10日、SaaS型の地域医療ネットワークソリューション「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」を販売開始したと発表した。

 このサービスは、地域医療連携を実現する機能を、システム導入ではなくネットワークを通じたSaaS型ソリューションとして提供するもの。中核病院や診療所、介護施設など、地域の複数の医療機関が個別に保持する診療情報、検査結果、医用画像、レポート情報などの患者の情報を、データセンターを中継してネットワーク経由でどの医療機関からも確認できる。ユーザーは、クラウドコンピューティングなどの技術を利用して、診療所から中核病院への患者紹介や病院間の入院患者移動などを含めた地域医療連携を実現できる。

 SaaS型なので、ネットワークやシステムを新たに構築・保有する必要はなく、インターネットに接続できるPCと電子カルテシステムを用いて、短期間でサービスを利用できるようになる。セキュリティ面を考慮して、電子カルテシステムに登録されている患者の情報は、各医療機関に設置するサーバーに保持。富士通のデータセンターを中継して、相互にリアルタイムで連携させる。HL7やDICOMなどの医療情報交換のための標準規格、SS-MIX標準化ストレージ技術を採用しており、異なるベンダーの電子カルテシステムを利用している医療機関間で情報を共有できる。

HumanBridgeの概要図

 
 価格は10万円/月から(中継センターとして富士通データセンターを利用する場合の価格)。患者情報が登録されている各医療機関の電子カルテシステムへの接続には、サーバーの導入が必要となる(1000万円から)。富士通では、2013年3月末までに300医療機関への導入を目標としている。

(本間 康裕=医療とIT 企画編集)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:255
  2. ドラマ「コード・ブルー」が始まったけど… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:430
  3. 怒りのピーク「7秒間」を制する極意 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:35
  4. 「棒」摘出を巡る、一生忘れられないある体験 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:6
  5. 外勤で手を抜いてない? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  6. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:17
  7. 日本病院会認定の「病院総合医」来春から養成 卒後6年以上の医師を対象、研修期間は原則2年 FBシェア数:90
  8. シャンプー、ゲル…頭部乾癬用薬の新剤形が続々 トレンド◎患者の利便性向上や副作用の軽減に期待 FBシェア数:67
  9. 職員が2グループに分裂、退職相次ぐ事態に 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:51
  10. やっぱり必要、診療情報提供書 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:46