富士通、SaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge」の販売を開始

 富士通は10日、SaaS型の地域医療ネットワークソリューション「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」を販売開始したと発表した。

 このサービスは、地域医療連携を実現する機能を、システム導入ではなくネットワークを通じたSaaS型ソリューションとして提供するもの。中核病院や診療所、介護施設など、地域の複数の医療機関が個別に保持する診療情報、検査結果、医用画像、レポート情報などの患者の情報を、データセンターを中継してネットワーク経由でどの医療機関からも確認できる。ユーザーは、クラウドコンピューティングなどの技術を利用して、診療所から中核病院への患者紹介や病院間の入院患者移動などを含めた地域医療連携を実現できる。

 SaaS型なので、ネットワークやシステムを新たに構築・保有する必要はなく、インターネットに接続できるPCと電子カルテシステムを用いて、短期間でサービスを利用できるようになる。セキュリティ面を考慮して、電子カルテシステムに登録されている患者の情報は、各医療機関に設置するサーバーに保持。富士通のデータセンターを中継して、相互にリアルタイムで連携させる。HL7やDICOMなどの医療情報交換のための標準規格、SS-MIX標準化ストレージ技術を採用しており、異なるベンダーの電子カルテシステムを利用している医療機関間で情報を共有できる。

HumanBridgeの概要図

 
 価格は10万円/月から(中継センターとして富士通データセンターを利用する場合の価格)。患者情報が登録されている各医療機関の電子カルテシステムへの接続には、サーバーの導入が必要となる(1000万円から)。富士通では、2013年3月末までに300医療機関への導入を目標としている。

(本間 康裕=医療とIT 企画編集)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0