マルチタッチ対応の「医療用画像オールインワンシステム」、コニカミノルタエムジーが発売

 コニカミノルタエムジーは、デジタルX線画像読み取り装置(CR:Computed Radiography)のコンソールとビューワ、ファイリングの機能を一体化したシステム「REGIUS Unitea-I(レジウス ユニティア アイ)」を発売する(ニュース・リリース)。同社はこれを「医療用画像オールインワンシステム」と呼ぶ。CR装置とネットワーク接続して使う。画像表示やファイリングなどを統合して実行できるため、医療業務の効率化を実現できる。価格は128万円。

 今回のシステムは、「業界で初めて」(コニカミノルタエムジー)となるマルチタッチ操作に対応する。画像の拡大縮小や階調変更などを、2本の指を使って直感的に実行できる。タッチ・パネルに赤外線光学イメージング方式を採用しており、指やタッチ・ペンなどで書き込みが可能である。マルチタッチ操作に対応しているのは、23型液晶モニターを用いたシステムのみ。マルチタッチに対応しないシステムとしては、19/21/24型のカラー液晶モニターが選べる。

 CR装置の画像だけでなく、超音波診断装置や内視鏡装置、デジタル・カメラ、スキャナなどからの画像取り込みも可能である。オプションで、レセプトのオンライン・システムや電子カルテ・システムから、患者の基本情報をオンラインで取得する機能にも対応する。



(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 49歳男性。発熱 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 抗体医薬の登場で片頭痛診療は大きく進歩します 慶應義塾大学神経内科専任講師の柴田護氏に聞く FBシェア数:158
  3. スマホアプリによる血圧管理、上乗せ効果認めず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:79
  4. 白米は本当に健康に悪いのか? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:84
  5. 糖尿病患者に癌の発症が多いワケ 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:200
  6. 2018改定で加算算定ルール変更、収入差10倍も 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:29
  7. 医師の「肩書き」がモノを言うとき 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:107
  8. ウエルシアの元薬剤師、執行猶予3年の判決 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:123
  9. 「受付で発熱・発疹を探知」は6割が実施 ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:42
  10. ワクチン接種って本当に必要ですか? 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:166
医師と医学研究者におすすめの英文校正