マルチタッチ対応の「医療用画像オールインワンシステム」、コニカミノルタエムジーが発売

 コニカミノルタエムジーは、デジタルX線画像読み取り装置(CR:Computed Radiography)のコンソールとビューワ、ファイリングの機能を一体化したシステム「REGIUS Unitea-I(レジウス ユニティア アイ)」を発売する(ニュース・リリース)。同社はこれを「医療用画像オールインワンシステム」と呼ぶ。CR装置とネットワーク接続して使う。画像表示やファイリングなどを統合して実行できるため、医療業務の効率化を実現できる。価格は128万円。

 今回のシステムは、「業界で初めて」(コニカミノルタエムジー)となるマルチタッチ操作に対応する。画像の拡大縮小や階調変更などを、2本の指を使って直感的に実行できる。タッチ・パネルに赤外線光学イメージング方式を採用しており、指やタッチ・ペンなどで書き込みが可能である。マルチタッチ操作に対応しているのは、23型液晶モニターを用いたシステムのみ。マルチタッチに対応しないシステムとしては、19/21/24型のカラー液晶モニターが選べる。

 CR装置の画像だけでなく、超音波診断装置や内視鏡装置、デジタル・カメラ、スキャナなどからの画像取り込みも可能である。オプションで、レセプトのオンライン・システムや電子カルテ・システムから、患者の基本情報をオンラインで取得する機能にも対応する。



(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:118
  2. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:640
  3. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  4. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:69
  5. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:288
  6. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:206
  7. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:55
  8. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 高齢者の微熱、実は重篤なケースも 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」 FBシェア数:34