診療所向けに「世界最小・最軽量」のCR装置、コニカミノルタエムジー

 コニカミノルタエムジーは、デジタルX線画像読取装置(CR:Computed Radiography)として「世界最小・最軽量」(同社)をうたう「REGIUS Σ」を発売した(ニュース・リリース)。本体の寸法は510mm×610mm×355mmで、重さは28kg。いわゆる「卓上型」の装置である。

 CR装置は、イメージング・プレート上に記録したX線画像をデジタル画像に変換するため装置。X線フィルムをデジタル化する方式として主流になっているものである。今回の装置は小型・軽量であり、設置場所の制約が少なくなることから、主に施設や診断のIT化を進めたい診療所に向けて販売する考え。

 スタンバイ時の動作音は0dB。診察室に置いても診療行為の妨げにならないとする。また、駆動系に省電力設計を採用したことなどにより、消費電力は「アナログ型の自動現像機に比べ約1/10以下」(コニカミノルタエムジー)に削減したという。価格は450万円。

(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:162
  2. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:147
  3. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:25
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  5. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》 FBシェア数:111
  6. 胸背部痛、呼吸苦で救急を受診した60歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 「ビットコイン」の技術は医療にも トレンド◎ブロックチェーンを電子カルテなどの情報基盤に活用 FBシェア数:40
  8. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:41
  9. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:27
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:85
医師と医学研究者におすすめの英文校正