診療所向けに「世界最小・最軽量」のCR装置、コニカミノルタエムジー

 コニカミノルタエムジーは、デジタルX線画像読取装置(CR:Computed Radiography)として「世界最小・最軽量」(同社)をうたう「REGIUS Σ」を発売した(ニュース・リリース)。本体の寸法は510mm×610mm×355mmで、重さは28kg。いわゆる「卓上型」の装置である。

 CR装置は、イメージング・プレート上に記録したX線画像をデジタル画像に変換するため装置。X線フィルムをデジタル化する方式として主流になっているものである。今回の装置は小型・軽量であり、設置場所の制約が少なくなることから、主に施設や診断のIT化を進めたい診療所に向けて販売する考え。

 スタンバイ時の動作音は0dB。診察室に置いても診療行為の妨げにならないとする。また、駆動系に省電力設計を採用したことなどにより、消費電力は「アナログ型の自動現像機に比べ約1/10以下」(コニカミノルタエムジー)に削減したという。価格は450万円。

(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:98
  2. 一過性神経症状も適応 失神は撮像の必要なし 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:35
  3. 毛細血管まで鮮明、「8K腹腔鏡」手術の実力 リポート【動画付き】◎高精細な映像は手術をどう変える? FBシェア数:58
  4. 話題の総合診療専門医、初年度184人ってどう? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-6》 FBシェア数:17
  5. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:39
  6. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:25
  7. 認定内科医はどうなる?内科専門医になれる? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-3》 FBシェア数:57
  8. 名古屋市内で医療事務の従事者が麻疹発症 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:41
  9. 指導医に教育してもらっても満足できない人へ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:70
  10. 複数の専門医になるダブルボードは現実的? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-4》 FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正