オリンパス、病理スライドなどを1枚90秒でデジタル化できるシステムを発売

 オリンパスは、スライド標本をスキャンし、デジタル画像として取り込める「バーチャルスライドシステム」のシリーズ新機種「VS800」を今年6月に発売する。価格はサーバーシステムと24型モニター1台を含む標準的な構成で2310万円。希少な病理標本スライドなどを破損や褪色の心配なく、高精細データとして管理・保存できる。外形寸法は幅1100×高さ780×奥行き1590mm、重さ約320kg。

 スキャンできるのは、顕微鏡用の標準的なスライドガラスとカバーガラスを用いた標本。スキャン可能範囲は47×24mm(標準)または57×24mm(最大)。20倍の対物レンズを備え、スキャン分解能は20倍撮影時に0.37μm/pixel、40倍撮影時には0.185μm/pixelとなる。高演色白色LED光源やスキャナー専用対物レンズなどの採用で、高い色再現性を実現したという。標本スライドは3カセットに最大300枚装填できる。

 オートフォーカス機能、スライド識別用などの1次元/2次元バーコード自動読み取り機能を備える。読み取り範囲を15×15mmに設定した場合の処理能力は、スライド1枚当たり約90秒。

 標準システムはサーバー機能を備えており、インターネットに接続することで、通常のパソコン用ブラウザー上で観察が可能だ。なお、スライド画像の保存データ形式はオリンパス独自フォーマットで、DICOMなど他のデータ形式への変換機能は用意されていない。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:40
  2. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:62
  3. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:151
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:70
  5. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:66
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:537
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:275
  8. 「気流制限がない」気腫肺、見過ごされている潜在的… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:3
  9. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:268
  10. ミトコンドリア移植で遺伝病を予防できるか? NEJM誌から FBシェア数:44