NTT東日本など、震災避難所と首都圏医療機関結び遠隔TV医療相談を開始へ【震災復興】

 NTT東日本と、医療者を中心としたボランティア団体「東日本大震災被災地支援継続ケア・キュアネットワークプロジェクト(C3NP)」は4月14日、東日本大震災の被災者を対象とした遠隔健康相談を近く開始すると発表した。首都圏の医師や保健師がテレビ電話を介して避難所の被災者に対し、無償の健康相談を行うもの。準備ができ次第、4月中にも開始する予定という。

 この支援サービスは、災害発生直後の救援活動ではなく、電気を含めた社会インフラがある程度回復してから開始し、中長期で被災者の身体的・精神的ケアを提供するのが目的。阪神淡路大震災など過去の大災害でも、当初の緊張が去った後で不安や喪失感が増し、孤独死などが増えることが知られている。

 NTT東日本は、首都圏の協力医療機関と被災現地の避難所などを光ブロードバンド回線「フレッツ光」で結び、テレビ電話端末「フレッツフォン」を設置する。当初は、宮城県栗原市と岩手県遠野市の避難所で支援を開始、自治体からの要望に応じて、順次拠点を拡大していくという。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正