マンモグラフィ用の3D液晶モニター、ナナオが発売

発売する3D液晶モニター

 ナナオは,乳房X線撮影装置(マンモグラフィ)の画像を表示するための立体視(3D)液晶モニター「RadiForce GS521-ST」を発売する。画面寸法は21.3型で,画素数は2560×2048。モノクロ表示品である。同社は医用モニターを数多く手掛けているが,3Dモニターは今回が初めて。2011年5月9日に供給を始め,価格はオープン。

 3D表示には,2面の液晶パネルと特殊なミラーを用いる「ハーフミラー方式」を採用した。詳細な原理は,以下の通りである(以下の(1)〜(4)の数字は,図に示された説明用の数字と対応している)

(1)右目用と左目用に撮影された画像を,2面のパネルにそれぞれ表示する。2面の液晶パネルの間には,独自開発のハーフミラーが設置されている。このハーフミラーは,一方のパネルの画像をそのまま透過し,もう一方のパネルの画像は通常の鏡のように反射する機能を備える。

3D表示の原理(ナナオのリリースから)

(2)ハーフミラーで反射する側のパネルの画像は,上下を反転させる必要がある。この反転制御は,モニターに内蔵した独自開発の制御ICで実行している。このため,3D表示のためのグラフィックス・ボードは不要である。

(3)ハーフミラーには,透過光の偏光軸の角度を90度回転する機能を一体化している。これにより,ハーフミラーを透過する画像と,ハーフミラーで反射する画像の偏光角を分別する。

(4)左右のレンズに角度の異なる偏光フィルターを付けたメガネで液晶モニターの画面を見ると,左目には左目用の画像,右目には右目用の画像が届く。これにより,3D画像として認識できる。

 なお,ハーフミラーによって,2面の液晶パネルの偏光角を分別する方法は,同社の特許技術であるという。

(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新制度、おまえはもう… 思案橋に夜9時でよかですか? FBシェア数:37
  2. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:67
  3. 32歳男性。全手指の爪症状 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:72
  5. 頭に何かできました。もしかしてガンですか? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:33
  6. 働き方改革とは働き方の多様性を認めること シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:35
  7. 血糖値スパイクが発覚した意外な食事 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:174
  8. 慢性便秘に対する大建中湯の効果を検証する試験が進… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:86
  9. HER2陽性進行乳癌への毒性を軽減したエリブリン… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:23
  10. 一酸化炭素中毒の後遺症をMRIで予測する JAMA Neurology誌から FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正