マンモグラフィ用の3D液晶モニター、ナナオが発売

発売する3D液晶モニター

 ナナオは,乳房X線撮影装置(マンモグラフィ)の画像を表示するための立体視(3D)液晶モニター「RadiForce GS521-ST」を発売する。画面寸法は21.3型で,画素数は2560×2048。モノクロ表示品である。同社は医用モニターを数多く手掛けているが,3Dモニターは今回が初めて。2011年5月9日に供給を始め,価格はオープン。

 3D表示には,2面の液晶パネルと特殊なミラーを用いる「ハーフミラー方式」を採用した。詳細な原理は,以下の通りである(以下の(1)〜(4)の数字は,図に示された説明用の数字と対応している)

(1)右目用と左目用に撮影された画像を,2面のパネルにそれぞれ表示する。2面の液晶パネルの間には,独自開発のハーフミラーが設置されている。このハーフミラーは,一方のパネルの画像をそのまま透過し,もう一方のパネルの画像は通常の鏡のように反射する機能を備える。

3D表示の原理(ナナオのリリースから)

(2)ハーフミラーで反射する側のパネルの画像は,上下を反転させる必要がある。この反転制御は,モニターに内蔵した独自開発の制御ICで実行している。このため,3D表示のためのグラフィックス・ボードは不要である。

(3)ハーフミラーには,透過光の偏光軸の角度を90度回転する機能を一体化している。これにより,ハーフミラーを透過する画像と,ハーフミラーで反射する画像の偏光角を分別する。

(4)左右のレンズに角度の異なる偏光フィルターを付けたメガネで液晶モニターの画面を見ると,左目には左目用の画像,右目には右目用の画像が届く。これにより,3D画像として認識できる。

 なお,ハーフミラーによって,2面の液晶パネルの偏光角を分別する方法は,同社の特許技術であるという。

(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84