Android対応の診療業務用ソフト開発、5月に宮崎大学病院で稼動

 コア・クリエイトシステム(宮崎市)とインターシステムズジャパンは、コア・クリエイトシステムがAndroid(アンドロイド)スマートフォンに対応した診療業務用携帯端末システム「WATATUMI(わたつみ)Ver.1.0」を開発、販売を開始したことを発表した。同システムは、5月に宮崎大学医学部附属病院で本稼動する。コア・クリエイトシステムは、インターシステムズのアプリケーションパートナー。

 「WATATUMI」(WiFi Android Terminal Apparatus with Touch operating Ubiquitous system for Medical Information)は、コア・クリエイトシステムの電子カルテシステム「IZANAMI」(いざなみ)に連携した診療業務用携帯端末ソフト。インターシステムズの高速オブジェクトデータベース「Caché」(キャシエ)を基盤に開発された。AndroidをOSとするスマートフォンを利用し、バイタル入力、各種オーダーの参照、注射・輸血・手術・処置・自科検査オーダーの実施入力ができる。基本パッケージの価格は3000万円から(ハードウエアは含まない)、Android用電子カルテライセンスが1台5万円から。


 宮崎大学医学部附属病院は、現行のPDAを4月から順次スマートフォン「GALAXY S」(サムスン電子)200台に置き換えて、WATATUMIによるシステムに移行する。同病院は、2006年5月にIZANAMIを導入し、看護師の病棟業務用に業務用PDA(携帯情報端末)を導入して、バーコードによる患者と薬剤をチェックする実施入力、バイタル入力、観察項目の入力などを行ってきた。

 WATATUMIは来年4月までに、放射線画像や検査履歴の参照をはじめ、患者プロフィールやカルテ文書、DPCなどの参照、コミュニケーション機能などを段階的に拡張していく予定。それに伴い同病院では、最終的に医師と看護師に1人1台のスマートフォンを配布し、ユビキタス環境を整備していくという。

(増田 克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  2. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  4. 腰椎手術後に低酸素脳症、麻酔医らの過失認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:431
  6. なくならないアカハラ、学外機関設置で予防を 記者の眼 FBシェア数:28
  7. これからは早期からの在宅ケアの時代? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:72
  8. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:132
  9. オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思い… 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:45
  10. 逆流性食道炎のリスク因子に男女差あり 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2