Android対応の診療業務用ソフト開発、5月に宮崎大学病院で稼動

 コア・クリエイトシステム(宮崎市)とインターシステムズジャパンは、コア・クリエイトシステムがAndroid(アンドロイド)スマートフォンに対応した診療業務用携帯端末システム「WATATUMI(わたつみ)Ver.1.0」を開発、販売を開始したことを発表した。同システムは、5月に宮崎大学医学部附属病院で本稼動する。コア・クリエイトシステムは、インターシステムズのアプリケーションパートナー。

 「WATATUMI」(WiFi Android Terminal Apparatus with Touch operating Ubiquitous system for Medical Information)は、コア・クリエイトシステムの電子カルテシステム「IZANAMI」(いざなみ)に連携した診療業務用携帯端末ソフト。インターシステムズの高速オブジェクトデータベース「Caché」(キャシエ)を基盤に開発された。AndroidをOSとするスマートフォンを利用し、バイタル入力、各種オーダーの参照、注射・輸血・手術・処置・自科検査オーダーの実施入力ができる。基本パッケージの価格は3000万円から(ハードウエアは含まない)、Android用電子カルテライセンスが1台5万円から。


 宮崎大学医学部附属病院は、現行のPDAを4月から順次スマートフォン「GALAXY S」(サムスン電子)200台に置き換えて、WATATUMIによるシステムに移行する。同病院は、2006年5月にIZANAMIを導入し、看護師の病棟業務用に業務用PDA(携帯情報端末)を導入して、バーコードによる患者と薬剤をチェックする実施入力、バイタル入力、観察項目の入力などを行ってきた。

 WATATUMIは来年4月までに、放射線画像や検査履歴の参照をはじめ、患者プロフィールやカルテ文書、DPCなどの参照、コミュニケーション機能などを段階的に拡張していく予定。それに伴い同病院では、最終的に医師と看護師に1人1台のスマートフォンを配布し、ユビキタス環境を整備していくという。

(増田 克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:211
  2. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:107
  4. ベンゾジアゼピンの処方は市中肺炎のリスク Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:140
  5. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  6. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  7. 外科医は短気だから短期トレードで損を出す? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  8. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:48
  9. 動脈硬化は朝食をとらない人に多い J Am Coll Cardiol誌から FBシェア数:168
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67