静岡県立病院機構が地域医療連携システムを4月に本稼働、クラウド技術採用も視野に

 地方独立行政法人静岡県立病院機構(静岡市)は、富士通と共同で構築した地域医療連携システム「ふじのくにバーチャル・メガ・ホスピタル」(以下、ふじのくにねっと)を、4月から本稼動すると発表した。複数の中核病院と診療所で診療情報を共有できる富士通の地域医療連携パッケージ「HOPE/地域連携 V3」がベース。まず、3つの中核病院(静岡県立総合病院、藤枝市立総合病院、焼津市立総合病院)と13の診療所でスタートする。

ふじのくにバーチャル・メガ・ホスピタル構想のイメージ

 静岡県は、2006年1月に稼動を開始した静岡県版電子カルテシステムで地域医療連携を強化してきたが、紹介状や画像データの受け渡しにCD-Rや紙、ファクスを使用していることから、医療施設職員の作業負荷増大などが問題になっていた。「ふじのくにねっと」導入後は、紹介状・返書の作成や送付もオンラインで実施でき、作成業務や管理業務の効率化が図られる。また、医師不足とコンビニ受診(緊急性のない軽症患者が夜間や休日に救急診療を受けること)による中核病院の医師の業務負荷が軽減され、医療サービス改善が期待される。

 静岡県立病院機構は、民間のデータセンター内に「しずおか広域医療連携ネットワークセンター」を設置し、「ふじのくにねっと」のシステムをホスティングしている。今後県全域の医療機関が連携できる基盤を整備して、2016年度までに県内の全8医療圏にまたがる医療関連機関(27の中核病院、約210の診療機関)の参加を目指している。また、より広範囲に連携し利便性を高めるため、クラウド型データセンター化を視野に入れると同時に、介護施設や薬局など医療関連機関に連携先を広げていく計画だ。

(増田 克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54