ワイズマン、機能強化した電子カルテシステムの新バージョンを発売

 福祉・医療情報システムを開発・販売するワイズマン(本社盛岡市)は、中小規模病院向けの電子カルテシステムの新バージョン「電子カルテシステムER Ver4.0」を、3月3日に発売開始したと発表した。入院患者の経過把握やオーダー支援、院内コミュニケーション機能の強化などが図られている。

 Ver4.0には、病棟業務の起点となる「入院経過シート」が追加された。医師の回診や病棟職員の日々の業務に必要な情報を1画面に集約しており、患者ごとの経過の確認とオーダー、実施情報、バイタル情報が入力できる。見やすさも向上している。例えば入院経過シートでは、患者の状態に合わせたバイタルグラフを1時間ごとに表示設定できるのに加えて、フォントサイズや表示項目を病棟スタッフごとに設定できる。

 医師のオーダー入力支援機能では、「指示箋オーダー」と「オーダーガイダンス」が追加され、現行の「オーダーカレンダー」は見やすさと操作性を向上させた。指示箋オーダーは、院内で利用している指示伝票に合わせたテンプレートを利用し、指示伝票に書き込むのと同様のオーダーができる。オーダーガイダンスは、患者の病名や過去の算定歴を基に算定の可能性がある医学管理や在宅指導料を抽出し、診察時に医師に通知する。

 このほか、看護師から医師あて、あるいは療法士から看護師宛に患者に関する情報を入力できるメモ機能、当事者が業務画面を開くと自動的に表示される院内コミュニケーション機能、コメディカルの記録業務を簡単にするテンプレートによる入力支援機能などが追加されている。

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127