ワイズマン、機能強化した電子カルテシステムの新バージョンを発売

 福祉・医療情報システムを開発・販売するワイズマン(本社盛岡市)は、中小規模病院向けの電子カルテシステムの新バージョン「電子カルテシステムER Ver4.0」を、3月3日に発売開始したと発表した。入院患者の経過把握やオーダー支援、院内コミュニケーション機能の強化などが図られている。

 Ver4.0には、病棟業務の起点となる「入院経過シート」が追加された。医師の回診や病棟職員の日々の業務に必要な情報を1画面に集約しており、患者ごとの経過の確認とオーダー、実施情報、バイタル情報が入力できる。見やすさも向上している。例えば入院経過シートでは、患者の状態に合わせたバイタルグラフを1時間ごとに表示設定できるのに加えて、フォントサイズや表示項目を病棟スタッフごとに設定できる。

 医師のオーダー入力支援機能では、「指示箋オーダー」と「オーダーガイダンス」が追加され、現行の「オーダーカレンダー」は見やすさと操作性を向上させた。指示箋オーダーは、院内で利用している指示伝票に合わせたテンプレートを利用し、指示伝票に書き込むのと同様のオーダーができる。オーダーガイダンスは、患者の病名や過去の算定歴を基に算定の可能性がある医学管理や在宅指導料を抽出し、診察時に医師に通知する。

 このほか、看護師から医師あて、あるいは療法士から看護師宛に患者に関する情報を入力できるメモ機能、当事者が業務画面を開くと自動的に表示される院内コミュニケーション機能、コメディカルの記録業務を簡単にするテンプレートによる入力支援機能などが追加されている。

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正