医療情報の安全管理を目指す「医療情報システム監査人試験制度」を5月から開始

 医療情報システムの普及を推進する財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)は、「医療情報システム監査人試験制度」を創設し、5月から試験を実施すると発表した。医療情報システムの運用や開発に従事する技術者の安全管理に関する知識やスキルを評価するもの。なお、認定業務などは、別法人の一般社団法人医療情報安全管理監査人協会(4月設立予定)が実施する。これは、試験と教育の実施主体を分けることで、制度の客観性を担保するのが目的である。

 最近IT技術を活用して、病院間や病院と診療所、地域の医療機関同士などの間で医療情報の連携が進んでいる。また「どこでもMY 病院」のように、国民が自らの医療・健康情報を活用する構想も登場している。一方で、こうした連携がすすめば、当然情報漏えいなどのセキュリティリスクが高くなる。

 もちろん、現在でもセキュリティに関するガイドラインが各省庁から発表されている。 岼緡転霾鵐轡好謄爐琉汰幹浜に関するガイドライン」(厚生労働省)、◆岼緡転霾鵑鮗託管理する情報処理事業者向けガイドライン」(経済産業省)、「ASP・SaaS 事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン」(総務省)だが、こうしたガイドラインが厳格に順守されているとは言えない状況にある。

 「医療情報システム監査人試験」は、こうした状況下で医療情報に関するセキュリティの意識を高めると同時に、監査スキルを向上させるなど医療情報システム関連技術者の能力や地位の向上も狙っている。試験の詳細はこちらを参照のこと。

(本間 康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:174
  2. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:39
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:48
  4. 67歳女性。右大腿の単発性赤褐色斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:5
  6. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:80
  7. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:47
  8. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:15
  9. 事業譲渡を迫る厚労省に翻弄される化血研 記者の眼 FBシェア数:0
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:44