医療分野でのクラウド・コンピューティング活用の市場規模は2015年に1164億円、調査会社が分析

 調査会社のシード・プランニングは,医療分野におけるクラウド・コンピューティング活用に関する市場規模が,2015年に1164億円,2020年に 1928億円になるとの予測を発表した。2010年には100億円にも満たなかった市場だが,今後の大幅な成長が見込めるという。

市場規模の推移(シード・プランニングの発表資料)

 

 市場の拡大を加速する要因は,大きく三つあるとシード・プランニングは分析する。(1)厚生労働省通知「診療録等の保存を行う場所について」の一部改正,(2)レセプトのオンライン化による医療機関でのインターネット活用の普及,(3)地域医療再生基金の交付,である。

 (1)の「診療録等の保存を行う場所について」は,2010年2月に通知が出された。情報システムの安全管理のガイドラインなどが遵守されることを前提条件として,民間事業者による診療記録などの外部保存が可能になった。これまでは,震災対策などの危機管理上の目的に限り,民間事業者への外部保存が認められていたが,こうした限定がなくなった。これにより,民間事業者による,クラウド・コンピューティングを活用したサービス市場が拡大する可能性があるという。

 (2)のレセプトのオンライン化については,既に多くの医療機関で実施している。こうした医療機関が,他施設との連携や自前で保守管理をする必要がないなどの利点を求めて,クラウド・コンピューティングを活用する動きが加速する可能性があるという。

 (3)の地域医療再生基金は,地域医療を再生するために2010年から5年間に渡って交付される25億円の補助金(総額2350億円)。クラウド型の電子カルテや,地域医療連携システムの導入に対して,この基金を見込んでいるケースが多いという。

(小谷 卓也=日経エレクトロニクス)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146