ワイズマン、「電子カルテシステムER」の手書き入力機能強化版を発売

 福祉・医療システムを開発・販売するワイズマン(盛岡市)は、同社の主力商品である中小規模病院向けのパッケージシステム「電子カルテシステムER」の手書き入力機能を強化した新製品を、今年6月から発売すると発表した。

 一般に電子カルテシステムは、医師が自分でキーボード入力や操作をする際にディスプレー画面を見る必要がある、などの理由で、特に年配の患者から「こちらを見て話をしてくれない」など、コミュニケーション不足に関する不満が出やすい傾向があった。手書き入力システムの強化は、この患者の不満をできるだけ解消しようとするもので、紙カルテと同じ感覚で患者とコミュニケーションを取りながら書き込みができる。加えて、シェーマやスキャナーで取り込んだ画像、心電図などをペンで簡単に呼び出すことができるほか、動画の取り込みも可能。

 手書き入力の技術は、メディコール・ジャパン(大阪市)が同社の電子カルテシステム「Dr.Board」に採用したものを導入する。Dr.Boardは、紙カルテ2号書式そのままの画面に、電子ペンで手書き入力する電子カルテ。なお、ワイズマンとメディコール・ジャパンは、システム構築に関する知識・ノウハウの共有に加えて、販売面でも相互協力する。

(本間 康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769