ワイズマン、「電子カルテシステムER」の手書き入力機能強化版を発売

 福祉・医療システムを開発・販売するワイズマン(盛岡市)は、同社の主力商品である中小規模病院向けのパッケージシステム「電子カルテシステムER」の手書き入力機能を強化した新製品を、今年6月から発売すると発表した。

 一般に電子カルテシステムは、医師が自分でキーボード入力や操作をする際にディスプレー画面を見る必要がある、などの理由で、特に年配の患者から「こちらを見て話をしてくれない」など、コミュニケーション不足に関する不満が出やすい傾向があった。手書き入力システムの強化は、この患者の不満をできるだけ解消しようとするもので、紙カルテと同じ感覚で患者とコミュニケーションを取りながら書き込みができる。加えて、シェーマやスキャナーで取り込んだ画像、心電図などをペンで簡単に呼び出すことができるほか、動画の取り込みも可能。

 手書き入力の技術は、メディコール・ジャパン(大阪市)が同社の電子カルテシステム「Dr.Board」に採用したものを導入する。Dr.Boardは、紙カルテ2号書式そのままの画面に、電子ペンで手書き入力する電子カルテ。なお、ワイズマンとメディコール・ジャパンは、システム構築に関する知識・ノウハウの共有に加えて、販売面でも相互協力する。

(本間 康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182