ワイズマン、「電子カルテシステムER」の手書き入力機能強化版を発売

 福祉・医療システムを開発・販売するワイズマン(盛岡市)は、同社の主力商品である中小規模病院向けのパッケージシステム「電子カルテシステムER」の手書き入力機能を強化した新製品を、今年6月から発売すると発表した。

 一般に電子カルテシステムは、医師が自分でキーボード入力や操作をする際にディスプレー画面を見る必要がある、などの理由で、特に年配の患者から「こちらを見て話をしてくれない」など、コミュニケーション不足に関する不満が出やすい傾向があった。手書き入力システムの強化は、この患者の不満をできるだけ解消しようとするもので、紙カルテと同じ感覚で患者とコミュニケーションを取りながら書き込みができる。加えて、シェーマやスキャナーで取り込んだ画像、心電図などをペンで簡単に呼び出すことができるほか、動画の取り込みも可能。

 手書き入力の技術は、メディコール・ジャパン(大阪市)が同社の電子カルテシステム「Dr.Board」に採用したものを導入する。Dr.Boardは、紙カルテ2号書式そのままの画面に、電子ペンで手書き入力する電子カルテ。なお、ワイズマンとメディコール・ジャパンは、システム構築に関する知識・ノウハウの共有に加えて、販売面でも相互協力する。

(本間 康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1