ワイズマン、「電子カルテシステムER」の手書き入力機能強化版を発売

 福祉・医療システムを開発・販売するワイズマン(盛岡市)は、同社の主力商品である中小規模病院向けのパッケージシステム「電子カルテシステムER」の手書き入力機能を強化した新製品を、今年6月から発売すると発表した。

 一般に電子カルテシステムは、医師が自分でキーボード入力や操作をする際にディスプレー画面を見る必要がある、などの理由で、特に年配の患者から「こちらを見て話をしてくれない」など、コミュニケーション不足に関する不満が出やすい傾向があった。手書き入力システムの強化は、この患者の不満をできるだけ解消しようとするもので、紙カルテと同じ感覚で患者とコミュニケーションを取りながら書き込みができる。加えて、シェーマやスキャナーで取り込んだ画像、心電図などをペンで簡単に呼び出すことができるほか、動画の取り込みも可能。

 手書き入力の技術は、メディコール・ジャパン(大阪市)が同社の電子カルテシステム「Dr.Board」に採用したものを導入する。Dr.Boardは、紙カルテ2号書式そのままの画面に、電子ペンで手書き入力する電子カルテ。なお、ワイズマンとメディコール・ジャパンは、システム構築に関する知識・ノウハウの共有に加えて、販売面でも相互協力する。

(本間 康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正