東芝メディカル、CT生産台数が累計2万5000台を突破

東芝の頭部用CT初代機「TCT-10A」

 東芝メディカルシステムズは1月27日、2010年12月16日でCT装置の累計生産台数が2万5000台に達したと発表した。2万5000台目は、320列面検出器を備えた同社の最上位機「Aquilion One」で、納入先はオランダRadboud University Nijmegenとなる。

 東芝は当初、世界で初めてCTを販売した英EMI社と販売契約を締結し、1975年に国内初の頭部CT装置を東京女子医科大学に納入した。その後、自社開発に踏み切り、1978年に国産初の頭部用CT「TCT-10A」(写真)と全身用CT「TCT-60A」を相次いで製品化した。現在、CTに関する同社の世界シェアは25%程度、国内シェアは50%程度とみられる。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1