インテルがコンティニュアを利用した自社社員向けプログラム開始

 インテルは14日、自社社員(約530人)の健康維持を図るため、コンティニュア規格に対応した機器やサービスを利用した社内向けの健康増進プログラムを今月から開始すると発表した。健康データをパソコンで簡単に管理できるなどの特徴を持つコンティニュア対応機器・サービスを活用した健康管理が、日常的な健康意識の向上や健康状態の改善にもたらす効果を検証するのが目的だという。

 プログラムは、コンティニュア規格に対応したPC、体重計、血圧計、インターネット・ヘルスケア・サービス“@からだ”(ミュートスが提供)を活用して行われる。PCと健康機器は社内4カ所に設置され、社員は休憩時間などを利用して自分の体重や血圧を定期的に計測し記録する。同時に、産業医とも連携を図り、各社員に適した健康管理手法の確立を目指す。社員に対して定期的にメッセージを送るなど、参加意欲を維持する工夫も実施する。

(本間康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051