インテルがコンティニュアを利用した自社社員向けプログラム開始

 インテルは14日、自社社員(約530人)の健康維持を図るため、コンティニュア規格に対応した機器やサービスを利用した社内向けの健康増進プログラムを今月から開始すると発表した。健康データをパソコンで簡単に管理できるなどの特徴を持つコンティニュア対応機器・サービスを活用した健康管理が、日常的な健康意識の向上や健康状態の改善にもたらす効果を検証するのが目的だという。

 プログラムは、コンティニュア規格に対応したPC、体重計、血圧計、インターネット・ヘルスケア・サービス“@からだ”(ミュートスが提供)を活用して行われる。PCと健康機器は社内4カ所に設置され、社員は休憩時間などを利用して自分の体重や血圧を定期的に計測し記録する。同時に、産業医とも連携を図り、各社員に適した健康管理手法の確立を目指す。社員に対して定期的にメッセージを送るなど、参加意欲を維持する工夫も実施する。

(本間康裕=医療とIT)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13