NECシステムテクノロジー、近赤外光センサーを利用した血糖値測定器を参考出展

近赤外光を利用した非侵襲血糖値測定器(デモ)

 NECが開催した「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」(東京国際フォーラム・11月11日〜12日)で、NECシステムテクノロジーが近赤外光測光試作機を参考出展。近赤外光を利用した非侵襲血糖値測定器への応用をデモンストレーションした。

 グルコース(血糖)は、近赤外線の1500ナノメーター付近で光を吸収する性質がある。これを利用して、近赤外測光機で照射した光が体内から戻ってくる反射を近赤外光センサーで検出して吸光度合いを調べることで、グルコース含有量を割り出している。この数値と血液検査によって得られる血糖値と比較して相関グラフ化し、血糖値を算出するものという。測定には、センサー部分に親指の付け根付近を数秒間かざすだけ。採血型の血糖値自己測定器と比べて、穿刺針を使うことによる痛みや煩わしさがない。

 製品化時期や価格は未定。「医療機器の承認(クラス供砲鮗けるまでに2年ほどを要するだろう。採血型の血糖値自己測定器の消耗品コストが、1人当たり年間5万円程度なので、そのランニングコストと同程度の価格設定を考えている」(NECシステムテクノロジー システムテクノロジーラボラトリ研究エキスパート 上村一平氏)という。

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48