富士通、入院設備のない診療所向け医療事務一体型電子カルテシステム販売開始

 富士通は11月2日、入院設備のない無床診療所向けに、医療事務一体型電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-RX」(ホープ/イージーメイン アールエックス)の販売を開始した。

 同システムは、受付から診療、会計、レセプト作成までの無床診療所の業務に必要な医療事務機能と電子カルテ機能を一体化したもの。同社の診療所向け電子カルテシステムのHOPE/EGMAIN-CXは医療事務システムが別途必要だったが、両機能を一体化することにより導入コストと運用負荷を削減し、レセプト電算データやオンライン請求の制度対応を目指す診療所への普及促進を図る。価格はPC2台の最小構成で190万円(税別)。同社は今後3年間で約3000システムの販売を見込んでいる。

 最大の特徴は、医療事務機能と電子カルテ機能を一体化し、診療所業務の効率化を図っていること。医師は、診察室で患者の来院状況の確認やレセプトの点検ができるのに加えて、事務スタッフは会計データを確認中に診療情報を参照できる。同社の地域医療ネットワークシステム「HOPE/地域連携」との連携機能を標準搭載しており、連携先病院と診療情報の共有が容易にできるため、地域医療連携ネットワークに参加しやすくなる。

 操作環境では、入力した所見を文例として蓄積することで、次回の入力時に文例候補を自動表示する機能、病名・行為登録での入力内容に応じた候補表示する機能などの新機能を搭載。ワイドディスプレイに対応して、一画面に多くの情報を表示したり、文字サイズを拡大・縮小できるようにしたりと、参照性も向上している。さらに、各種入力補助機能の実装やオンラインマニュアルによるガイド表示を充実させるなど、パソコン操作に不慣れな医師でも簡単にカルテが作成できるという。
 

HOPE/EGMAIN-RXのカルテ作成画面

 

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19