富士通、健康機器に接続できる携帯電話を実現へ−コンティニュア認証を取得

 富士通は9月30日、健康管理機器とデータ管理機器などの相互接続規格として提唱されている「コンティニュア」の設計ガイドラインに準拠した携帯電話機の試作機を開発、携帯電話でのコンティニュア認証を世界で初めて取得したと発表した。同社は10月5日〜9日に千葉市の幕張メッセで開催されるデジタル関連展示会CEATEC JAPAN 2010で、同社ブースと「デジタルヘルスケア・プラザの2カ所で試作機を展示する。

 コンティニュア携帯を用いることで、血圧計や体重計からブルートゥース無線インタフェースを介して携帯にデータを送り、医療機関などに送信して、健康管理サービスを受けることが容易にできる。コンティニュア対応機器であれば、メーカーや機種を問わないので、利用者の選択肢は拡大する。富士通は、今後発売する携帯電話機を順次、コンティニュア対応にしていくという。

 コンティニュアは、非営利組織のコンティニュア・ヘルス・アライアンスが策定し、世界的に普及を推進している。同グループには、富士通のほか、インテル、マイクロソフト、シスコ、IBM、フィリップス、オムロンヘルスケアなど、デジタル関連と医療・健康関連の国際的な主要企業が加わっており、事実上の標準規格になっている。

(中沢 真也)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正