富士通、健康機器に接続できる携帯電話を実現へ−コンティニュア認証を取得

 富士通は9月30日、健康管理機器とデータ管理機器などの相互接続規格として提唱されている「コンティニュア」の設計ガイドラインに準拠した携帯電話機の試作機を開発、携帯電話でのコンティニュア認証を世界で初めて取得したと発表した。同社は10月5日〜9日に千葉市の幕張メッセで開催されるデジタル関連展示会CEATEC JAPAN 2010で、同社ブースと「デジタルヘルスケア・プラザの2カ所で試作機を展示する。

 コンティニュア携帯を用いることで、血圧計や体重計からブルートゥース無線インタフェースを介して携帯にデータを送り、医療機関などに送信して、健康管理サービスを受けることが容易にできる。コンティニュア対応機器であれば、メーカーや機種を問わないので、利用者の選択肢は拡大する。富士通は、今後発売する携帯電話機を順次、コンティニュア対応にしていくという。

 コンティニュアは、非営利組織のコンティニュア・ヘルス・アライアンスが策定し、世界的に普及を推進している。同グループには、富士通のほか、インテル、マイクロソフト、シスコ、IBM、フィリップス、オムロンヘルスケアなど、デジタル関連と医療・健康関連の国際的な主要企業が加わっており、事実上の標準規格になっている。

(中沢 真也)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256