北海道白老町と富士通、独居老人を携帯電話で“見守る”サービス開始

 北海道白老町は、富士通と共同で地域のコンタクトセンターシステムを構築し、携帯電話「らくらくホン」を活用した高齢者向けの生活支援サービスの運用を8月23日から開始した。独居老人を対象に、富士通の「らくらくホン」を60台配布。携帯電話の内蔵センサーから自動通知される歩数情報や、GPSなどで探知できる位置情報を安否確認に活用し、高齢者に対する見守りサービスを提供する。

 具体的には、携帯に内蔵されている歩数計のデータを1日に1回コンタクトセンターに自動的に連絡する。仮に、特定の場所から移動しないなどの異常が検知された場合には、GPSセンサーなどから位置情報を把握し安否確認をとる。また、携帯電話の「よやく(予約)」「そうだん(相談)」「きんきゅう(緊急)」の3つのボタンを押すと、地域の支援ボランティアとの相談や位置情報付きの119番通報ができる機能もある。

 コンタクトセンターには、あらかじめシステムに登録した地域の支援者の個人電話や消防署に転送するバーチャル・コールセンター方式を採用。支援者の負担軽減を図ると同時に、場所と時間の制約なく支援を提供できるようにした。オペレーターの待機所が必要ないため、設置コストが不要となるメリットもある。

 白老町の高齢化率は、2025年の全国平均推計値(30.5%)よりも高い33%。独り暮らしの高齢者世帯は1750世帯に達しており、増加傾向にある。高齢者の約6人に1人が介護や支援が必要となっていることから、地域全体で高齢者を支援する仕組みが求められていた(数字は2010年7月末現在)。今後は、在宅療養支援や高齢者対象ではない地域住民の利便性向上や地域活性化にも、このサービスを活用していく予定である。

(本間 康裕=医療とIT企画編集)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:298
  3. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:434
  4. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:779
  5. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:94
  6. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  7. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:2
  8. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  9. 「給料泥棒なの?」 上司の言葉に夜も眠れず 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:90
  10. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:22