富士フイルム、脳血管障害の遠隔治療支援システムを慈恵医大と共同研究へ

 富士フイルムはこのほど、東京慈恵会医科大学と共同で、脳卒中などの緊急対応の際、院外の専門医から診断・治療の迅速な支援を得ることが可能な「脳血管障害治療支援システム」の研究を開始すると発表した。

 これは、脳卒中患者が搬送された病院から院外の専門医の携帯端末に患者の検査画像や診療情報を送り、初期治療に必要な薬剤投与量や禁忌についての処置情報をやり取りすることで、より適切な治療を実現するものだ。

 本研究では、慈恵医大脳神経外科学講座教授の村山雄一氏らが開発を進めてきた、iPhone/iPad対応の脳血管障害治療支援システム「i-Stroke」に、脳卒中初期の処置情報をやりとりする機能を追加、さらに富士通の医用画像情報ネットワークシステム「SYNAPSE」と連携することで、脳血管障害治療の遠隔支援環境の構築を目指す。将来的には、CTなどの断層画像から3次元画像を生成する3D画像処理システム「SYNAPSE VINCENT」との連携も検討している。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1