富士フイルム、脳血管障害の遠隔治療支援システムを慈恵医大と共同研究へ

 富士フイルムはこのほど、東京慈恵会医科大学と共同で、脳卒中などの緊急対応の際、院外の専門医から診断・治療の迅速な支援を得ることが可能な「脳血管障害治療支援システム」の研究を開始すると発表した。

 これは、脳卒中患者が搬送された病院から院外の専門医の携帯端末に患者の検査画像や診療情報を送り、初期治療に必要な薬剤投与量や禁忌についての処置情報をやり取りすることで、より適切な治療を実現するものだ。

 本研究では、慈恵医大脳神経外科学講座教授の村山雄一氏らが開発を進めてきた、iPhone/iPad対応の脳血管障害治療支援システム「i-Stroke」に、脳卒中初期の処置情報をやりとりする機能を追加、さらに富士通の医用画像情報ネットワークシステム「SYNAPSE」と連携することで、脳血管障害治療の遠隔支援環境の構築を目指す。将来的には、CTなどの断層画像から3次元画像を生成する3D画像処理システム「SYNAPSE VINCENT」との連携も検討している。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正