富士フイルム、脳血管障害の遠隔治療支援システムを慈恵医大と共同研究へ

 富士フイルムはこのほど、東京慈恵会医科大学と共同で、脳卒中などの緊急対応の際、院外の専門医から診断・治療の迅速な支援を得ることが可能な「脳血管障害治療支援システム」の研究を開始すると発表した。

 これは、脳卒中患者が搬送された病院から院外の専門医の携帯端末に患者の検査画像や診療情報を送り、初期治療に必要な薬剤投与量や禁忌についての処置情報をやり取りすることで、より適切な治療を実現するものだ。

 本研究では、慈恵医大脳神経外科学講座教授の村山雄一氏らが開発を進めてきた、iPhone/iPad対応の脳血管障害治療支援システム「i-Stroke」に、脳卒中初期の処置情報をやりとりする機能を追加、さらに富士通の医用画像情報ネットワークシステム「SYNAPSE」と連携することで、脳血管障害治療の遠隔支援環境の構築を目指す。将来的には、CTなどの断層画像から3次元画像を生成する3D画像処理システム「SYNAPSE VINCENT」との連携も検討している。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50歳代男性。咳、痰、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 山形県の麻疹感染が拡大、埼玉県や宮城県でも患者確… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:288
  5. 最も長い名前の呼吸器疾患 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:8
  6. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:11
  7. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:202
  8. 血中トランス脂肪酸高値は日本人でもCVリスク 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:202
  9. 地域医療構想の未来とお座敷遊び「とらとら」と 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:0
  10. ガイドライン外来診療◆貧血 ガイドライン外来診療 FBシェア数:0