富士フイルム、脳血管障害の遠隔治療支援システムを慈恵医大と共同研究へ

 富士フイルムはこのほど、東京慈恵会医科大学と共同で、脳卒中などの緊急対応の際、院外の専門医から診断・治療の迅速な支援を得ることが可能な「脳血管障害治療支援システム」の研究を開始すると発表した。

 これは、脳卒中患者が搬送された病院から院外の専門医の携帯端末に患者の検査画像や診療情報を送り、初期治療に必要な薬剤投与量や禁忌についての処置情報をやり取りすることで、より適切な治療を実現するものだ。

 本研究では、慈恵医大脳神経外科学講座教授の村山雄一氏らが開発を進めてきた、iPhone/iPad対応の脳血管障害治療支援システム「i-Stroke」に、脳卒中初期の処置情報をやりとりする機能を追加、さらに富士通の医用画像情報ネットワークシステム「SYNAPSE」と連携することで、脳血管障害治療の遠隔支援環境の構築を目指す。将来的には、CTなどの断層画像から3次元画像を生成する3D画像処理システム「SYNAPSE VINCENT」との連携も検討している。

(中沢 真也=日経メディカル別冊)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ポストがない…転職に動く「外様」医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:60
  2. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 特養の嘱託医、頑張るほど「持ち出し」の現実 記者の眼 FBシェア数:56
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 感染対策もオシャレに わかる!院内感染対策 FBシェア数:10
  7. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  8. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:17
  9. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:9
  10. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0