【国際モダンホスピタルショウ2010プレビュー】NEC、業界初のSaaS型電子カルテサービスや地域医療連携サービスを中心に出展

 NECは、7月14日〜16日東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウ2010で、業界初のSaaS型電子カルテサービス「MegaOakSR for SaaS」をはじめ、中核製品である電子カルテシステム「MegaOakHR」、地域医療連携ネットワークサービス「ID-LINK」を中心に、パートナー各社のソリューションも合わせて出展する。

 MegaOakSR for SaaSは、5月に発表したSaaS(Software as a Service)型で提供する小規模病院向け(100床以下を対象)とした電子カルテシステムで、プレゼンテーションで大々的に取り上げる。販売は今月からで、12月にサービス提供を開始する。2月の厚労省通知により、医療機関が患者の診療データを民間のデータセンターに保管してSaaS型で電子カルテシステムを利用する形態が可能となったことに対応した製品である。

 ID-LINKは医療連携ネットワークサービス。共有する診療情報は各医療機関内で管理し、サービスセンターで患者・医師等のIDとアクセス権、診療情報の所在のみを管理して、連携先医療機関はWebブラウザから自院の患者IDで情報閲覧する仕組み。「これまでに、30施設近い中核病院を中心に約170の診療所が連携している。今回のプレゼン・展示では、三洋電機の診療所向け電子カルテシステムと標準で連携できるようになったこと、従来のオーダリング情報中心のデータ参照に加えて介護・福祉システムの情報参照が可能になったこと、などの新機能を紹介する」(医療ソリューション事業部事業推進部マネージャー 石山敏昭氏)という。

 展示ブース内のステージでは、これらのサービス・機能紹介に加え、2009年度に和歌山県すさみ町で実施した「中山間地域の医療・介護・福祉・健康情報支援事業」(経済産業省 地域見守り支援システム実証事業)の実証結果も踏まえたプレゼンテーションが行われる。

 加えて、電子タグを利用したユビキタス医療ソリューション「ベッドサイド自動認証システム」(NECネッツエスアイ製)もフィーチャーする。秋田大学医学部付属病院で実証実験を重ねていたものだが、今回は製品化されたソリューションを紹介・展示する。このシステムは、注射スタンドに実装したセンサーがICタグを付けた患者、医療スタッフ、薬剤の情報を読み取り、電子カルテ(オーダリング)システムと連携し、携帯情報端末上に認証結果を表示する。

 このほか、中・小規模病院向け電子カルテシステム「MegaOak-MI・RA・Isシリーズ」をはじめ、「MegaOakアシスト」シリーズや各種部門システムなど、同社およびパートナー各社の製品を展示する予定である。

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)


【関連サイト】
NEC「国際モダンホスピタルショウ2010」関連ページ
国際モダンホスピタルショウ2010公式サイト

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ
  2. キャリアチェンジは成功だった?失敗だった? 医師1000人に聞きました FBシェア数:2
  3. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1840
  4. 見落としていませんか、先端巨大症 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:38
  5. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:153
  6. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:105
  7. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:10
  9. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  10. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:423