日本ユースウェアシステム、医薬品情報一元管理システムJUS D.I.の最新版Ver.5.1を発売

 医薬品情報データベースシステムを開発する日本ユースウェアシステムは、6月1日に医薬品情報一元管理システム「JUSD.I.最新版Ver.5.1」の発売を開始した。価格は130万円からで、別途月額3万5000円〜9万6000円のデータ更新料が必要となる。今回のアップデートで、仝能・効果、薬理作用などに着目した「薬理作用別薬効分類」の採用、▲魯ぅ螢好薬の基本情報の表示、8緘医薬品検索、ぅぅ鵐織咼紂璽侫ームの表示などの機能が新たに追加された。

 ,亡悗靴討蓮∧欷洩事典など厚労省コードに基づく薬効分類では、アーチストなど規格による薬効の違いに対応できない、アザルフィジンEN錠とサラゾピリン錠が同一薬効とされてしまう、骨粗鬆症治療薬は「他に分類されないその他の代謝性医薬品」に分類されてしまう、などの細かい“齟齬(そご)”が生じるので、臨床現場では使いにくい場合が多いという。最新版で採用した「薬理作用別薬効分類」は、効能・効果によって「主な適応症」を基に整理。主な適応症が同じ薬剤は、さらに薬理作用によって分類している。また、組成・化学構造式、投与形態、剤形区分、剤形、用法に着目するなど、薬学的な立場から分類している。複数の薬効を持つ薬剤でも、臨床現場に相応しい適応での同効薬検索が可能になる。

 △離魯ぅ螢好薬については、厚労省の通知、疑義解釈の情報では具体的な一般名や品名は公表されていないため、それらの通知および疑義解釈に基づいてスズケンの医療情報室が独自に推定し作成したリストを利用して、添付文書表示画面、持参薬管理表作成時にハイリスク薬の基本情報表示を可能にしたことで、チェックが容易になった。に関しては、一般名、薬効分類名、薬理作用別薬効分類による薬理作用などで後発医薬品(同効薬)検索が可能になった。い蓮独立行政法人医薬品医療機器総合機構のWebサイトで2009年5月に掲載が開始された「インタビューフォーム」を、自動ダウンロードして閲覧できる。

 JUSD.I.は、2010年4月の診療報酬改定で新設された「医薬品安全性情報等管理体制加算」(50点)のための環境構築にも役立つのに加えて、ハイリスク薬管理指導料加算のための管理を支援ができるなど、薬剤部の収益性向上にも貢献できるとしている。

(増田克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19